飛鳥橿原シンポジウムに参加「神話伝承はつくりものではない」

先日、都内で古代史のシンポジウムに
参加してまいりました。

飛鳥橿原シンポジウム
はじまりの物語
~神武2600年と古事記・日本書紀~

有楽町朝日ホールにて

kc_073_300
神武天皇のイラスト

“はじまりの物語”というワード、
優しく響いて、わくわくしませんか?

kc_074_300

わたしは、「ステキ♪」と思いました。

このようなプログラムでした。

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
対談「神話の地に息づく神武さん」
橿原神宮宮司 久保田氏
宮崎神宮宮司 杉田氏
コーディネーター 吉木氏

インタビュー
漫画家 安彦氏(ガンダム、ナムジ)

講演「記紀から紐解く神武天皇」
作家 竹田氏(明治天皇の玄孫のあの方)

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

豪華です~☆

終了時間が30分もおすほど、
内容盛りだくさんでした。

なぜ、橿原神宮と宮崎神宮の宮司さんの
対談なのか?というと、

神武天皇は、
宮崎県を出発し、橿原に到着。

ということで…

出発地、
宮崎県の宮崎神宮の宮司さんと

到着地、
橿原の橿原神宮の宮司さんの対談があり、

進行役で、コーディネーターの
女性もいらっしゃいました。

宮司さんから、記紀の話が伺えるのは
貴重だなと思いました^^

<宮崎神宮 宮司さんの話>(一部)

記紀は、宮崎県と深くかかわっている
→例えば、高千穂、小門、橘など

宮崎県の高原町の
狭野神社(さのじんじゃ)が、
神武天皇の生誕地と言われている

そして、
「神話伝承は決してつくりものではない」
とおっしゃっていたのが、印象的でした^^

kc_039_200

<橿原神宮 宮司さんの話>(一部)

神武天皇が橿原宮に即位した日は、2月11日

橿原の地では、神武天皇のことを
親しみをもって”神武さん”と呼んでいる

神武天皇のころから暦が入る

それ以前は、「アマテラス 云々…」と記紀に
書かれている

「橿原宮で即位して、日本の歴史が
始まったのは確かではないかと思う」

とおっしゃっていました。

このようなことが、
宮司さんから聞けるとは思わず、

お得な気分?になりました。

宮司さんのお話のあとは、
コーディネーターの女性のお話と、

漫画家安彦先生、
そして、竹田氏の講演へとつづきます。

kc_039_200

さて、今回のこの豪華なシンポジウム。
(参加費1,000円)

古代史日和がご縁でつながれた女性に
教えていただいたものなのです。

古代史Cafe会、「邪馬台国の会」にも
ご参加くださっています。
ありがとうございます。

2016年、まだ一ヶ月経っていないですが、
素敵なご縁に恵まれ、

シンポジウムに、べんきょう会に、
濃密な古代史時間を過ごしております。

感謝です♡

そして、古代史Cafeの活動を始めて、
まだ一年経っていないですが、

古代史Cafeを通して、
素晴らしい出会いがあり、

一年前とは、比べものにならないほど、
古代史時間が、キラキラ、
わくわくに満ちています☆

IMG_2673_300
古代史Cafe会

ーーーーーーーーーーーーー
ランチにも負けない程、
会話は大いに盛り上がり、
美味しい話題ずくしでした。
ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーー
「Cafe」という気軽な雰囲気の中で
「好きなこと」を共感でき、
語りあえるのは新鮮で、

自分だけでは、知りえなかったことなど
また、違う興味がわいて楽しかったです。
ーーーーーーーーーーーーー

こんな感想をいただいております^^

IMG_1288_300_2
古代史Cafe会

3月も古代史Cafe会を
開催いたします。

時間の許す限り、
おしゃべりしましょう~♪

古代史Cafe会
>>最新かつどうスケジュール

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

神話と宗教の違いをライトに考える

古代の神様とか神話とか言うと、何だか宗教っぽい雰囲気をかもしだしてしまうのですが、神話と宗教(教義)は同じなのか?違うのか?

ライトに考えてみようと思います。

capture_027

▷神話は教義(仏教やキリスト教など)と同じなの?

答え—違います。

どう違うのかはとてもシンプルな話なのですが、その前に。

神話の特徴
1つ目:虚構に満ちた物語
2つ目:現実に立脚した物語

このことを頭に入れて、神話と教義(仏教やキリスト教など)の違いを考えていきましょう。ライトに。

▷教義
教義は物語が先にあって、そのあと現実を変えていく流れです。

例えば、「良いことをすると天国に行けますよ。悪いことをすると地獄に落ちますよ」という物語が先にあるとします。

すると、泥棒は泥棒をやめてボランティアに励む、というふうに現実を変えていきます。

「たくさんお布施をしたら極楽浄土に行けますよ」という物語→“お金をたくさん寄付する”という現実、など。
※あくまで例えばの話です。

教義は物語が先にあって現実を変えていきます。

順番は、物語→現実

capture_027

▷神話
教義とは逆で、神話は現実が先にあって物語ができます。

昨日書いたブログで取り上げた「死」で考えると、親の死という現実が先にあって、そのあと癒される物語ができる、という流れが神話です。

元になる現実があって、その現実に基づいて、例えば死ならその死が癒されるような物語ができます。

順番は、現実→物語

▷まとめ

神話は、現実→物語

教義は、物語→現実

問いに戻ると、、、
神話は教義(仏教やキリスト教など)と同じなの?

答え—違う。
逆ということになります。

※参加した古事記の講義を参考に書いています。

神話とは?と深く突っ込んだことがなかったのですが、こうして改めて考えてみると、へぇ~なるほど~そういうことか~と思いました。

あいまいだった違いも明確になり、すっきり。

ブログランキングに参加しています☆
↓↓ありがとうございます☆

神話ってそもそも何?

神話」という言葉は誰でも知っていると思いますが、神話を説明するとしたらどのように説明するでしょうか??

神様の話?昔から伝わる物語?

大学の古事記の講義(社会人講座というのでしょうか)に参加したのですが、先生がズバッと教えてくれました。

神話とは…
ものごと(人間を含む世界のあらゆる現象)の根拠の説明

(神話は説明だったのか!)

ここから丁寧に見ていきますね。

人間を含む世界のあらゆる現象というのは、例えば、何で人間は死ぬんだろう?とか、何で私はあの人が好きなんだろう?とか。

神話はその根拠の説明です。

なぜ、ものごとの根拠の説明が必要になったのでしょうか?

今日は一つ「」について取り上げて考えていきます。

capture_026

人間は言葉を持ったときからを恐れるようになったんです。
(死を発見してしまったとでも言うのでしょうか)

まず死は、一般的にどのように説明できるでしょうか。

細胞の老化など、私たちは科学的に説明しようとします。

客観的に死を見たときは科学的な説明でいいのかもしれません。

でも、かけがえのない人の死(親や配偶者など)の死は科学的に説明されても癒されません。

~~たとえ話~~
ここに重病の父親がいます。

母親は3年もの間毎日、看病の日々を送っています。

父親は母親の看病もむなしく亡くなってしまいます。

父親が亡くなった日、母親は病院の帰り道で事故にあって亡くなってしまいます。

あなたは、母親の死をどのように考えますか?

capture_027

「あなたのお母さんは、看病に疲れていて注意力が低下していたんだね。疲れているときは、事故にあう確率が高くなるよね。」と言われても癒されないですよね。

“父親が母親を天国から呼んだんだ”と考えるのではないでしょうか。

個別の死を天国や霊的なもので説明することで癒される。

そこで神話が再び登場です。

個別の死を天国(別の世界)、霊的なもの(神様)で説明することで癒される。

神話には、この世ではない別の世界、そして、人間ではない存在神様が出てきます。

capture_027

神話とは…
ものごと(人間を含む世界のあらゆる現象)の根拠の説明

死についてなら、なぜ死んだのか、その根拠の説明ということです。

※参加した古事記の講義を元に書いています。
※当サイトは宗教とは関係ありません、念のため。

ブログランキングに参加しています☆
↓↓神話☆