『古事記』落語、初体験で、心が前に乗り出す

先日、銀座で開催された
古代史のシンポジウムに
参加してまいりました。

三部構成だったのですが、
第二部が『古事記』落語でした。

『古事記』落語、初体験でしたが、
笑いあり、笑いありでした^^

きっと、
『古事記』をよく知らない方も

「この本、おもしろそう!」
「読んでみたい!」

と思っていただけるでは?
と思いました。

少し内容を知っているわたしも、

「次はどうなるの?」
「どんな展開が待っているの?」

と、心が前に乗り出すほどでした。

600名以上の観客を
一気に笑わせられる才能は、
さすが、話のプロですね。

kc_076_300

このシンポジウムも、
お誘いをうけ参加してまいりました。

事前応募の抽選のものでした。

今は、古代史Cafeと
古代史日和(べんきょう会)で、
やることがたくさんあり(シアワセ)、

それから、
古代史活動の原点「邪馬台国の会」もあり、
(こちらは参加するだけですが)

そのほかの集まりの情報を
あまり探せておりません…^^;

なので、お声をかけていただき、
いろいろなシンポジウムや
講演会に出かけられるのは、

とてもありがたいことです。

古代史活動を始めた当初は、
ひっそりと楽しんでおりましたので…

それを考えると、
とても大きな環境の変化ですね^^

IMG_3163_300

さて、古代史Cafeでは、
古代史日和との特別企画で、

バレンタインキャンペーンを
開催中です♡

日ごろ、古代史Cafeサイトを
ご覧いただいている皆様に
感謝のキモチです。

どうぞ、お気軽にご応募くださいね♪

IMG_3185_300
>>大人かわいいブックカバー♡プレゼントいたします

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

飛鳥橿原シンポジウムに参加「神話伝承はつくりものではない」

先日、都内で古代史のシンポジウムに
参加してまいりました。

飛鳥橿原シンポジウム
はじまりの物語
~神武2600年と古事記・日本書紀~

有楽町朝日ホールにて

kc_073_300
神武天皇のイラスト

“はじまりの物語”というワード、
優しく響いて、わくわくしませんか?

kc_074_300

わたしは、「ステキ♪」と思いました。

このようなプログラムでした。

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
対談「神話の地に息づく神武さん」
橿原神宮宮司 久保田氏
宮崎神宮宮司 杉田氏
コーディネーター 吉木氏

インタビュー
漫画家 安彦氏(ガンダム、ナムジ)

講演「記紀から紐解く神武天皇」
作家 竹田氏(明治天皇の玄孫のあの方)

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

豪華です~☆

終了時間が30分もおすほど、
内容盛りだくさんでした。

なぜ、橿原神宮と宮崎神宮の宮司さんの
対談なのか?というと、

神武天皇は、
宮崎県を出発し、橿原に到着。

ということで…

出発地、
宮崎県の宮崎神宮の宮司さんと

到着地、
橿原の橿原神宮の宮司さんの対談があり、

進行役で、コーディネーターの
女性もいらっしゃいました。

宮司さんから、記紀の話が伺えるのは
貴重だなと思いました^^

<宮崎神宮 宮司さんの話>(一部)

記紀は、宮崎県と深くかかわっている
→例えば、高千穂、小門、橘など

宮崎県の高原町の
狭野神社(さのじんじゃ)が、
神武天皇の生誕地と言われている

そして、
「神話伝承は決してつくりものではない」
とおっしゃっていたのが、印象的でした^^

kc_039_200

<橿原神宮 宮司さんの話>(一部)

神武天皇が橿原宮に即位した日は、2月11日

橿原の地では、神武天皇のことを
親しみをもって”神武さん”と呼んでいる

神武天皇のころから暦が入る

それ以前は、「アマテラス 云々…」と記紀に
書かれている

「橿原宮で即位して、日本の歴史が
始まったのは確かではないかと思う」

とおっしゃっていました。

このようなことが、
宮司さんから聞けるとは思わず、

お得な気分?になりました。

宮司さんのお話のあとは、
コーディネーターの女性のお話と、

漫画家安彦先生、
そして、竹田氏の講演へとつづきます。

kc_039_200

さて、今回のこの豪華なシンポジウム。
(参加費1,000円)

古代史日和がご縁でつながれた女性に
教えていただいたものなのです。

古代史Cafe会、「邪馬台国の会」にも
ご参加くださっています。
ありがとうございます。

2016年、まだ一ヶ月経っていないですが、
素敵なご縁に恵まれ、

シンポジウムに、べんきょう会に、
濃密な古代史時間を過ごしております。

感謝です♡

そして、古代史Cafeの活動を始めて、
まだ一年経っていないですが、

古代史Cafeを通して、
素晴らしい出会いがあり、

一年前とは、比べものにならないほど、
古代史時間が、キラキラ、
わくわくに満ちています☆

IMG_2673_300
古代史Cafe会

ーーーーーーーーーーーーー
ランチにも負けない程、
会話は大いに盛り上がり、
美味しい話題ずくしでした。
ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーー
「Cafe」という気軽な雰囲気の中で
「好きなこと」を共感でき、
語りあえるのは新鮮で、

自分だけでは、知りえなかったことなど
また、違う興味がわいて楽しかったです。
ーーーーーーーーーーーーー

こんな感想をいただいております^^

IMG_1288_300_2
古代史Cafe会

3月も古代史Cafe会を
開催いたします。

時間の許す限り、
おしゃべりしましょう~♪

古代史Cafe会
>>最新かつどうスケジュール

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

【邪馬台国の会】参加してきました☆9/27(日)

今日は陽ざしが強く、
暑がりの私は、夏気分で
過ごしておりました^^;

先月のことですが、9/26(日)
『邪馬台国の会』に参加してきました^^

場所は、文京区の文化シヤッターにて
kc_053_400

私が立ち上げたもう一つの古代史サイト
古代史日和」がご縁で、
参加してくださった女性、男性もいらっしゃいました。

この日が「はじめまして♪」の女性と、
休憩時間にお話しましたが、

「古代史が好き」
「興味がある」
という共通点があるので、

初めての感じがいたしませんでした^^

kc_054_400
この日も会場は満席の勢い

今回の邪馬台国の会のテーマは、
1)「卑弥呼の墓」を考える
2)『魏志倭人伝』を徹底的に読む「徇葬」
でした。

(「徇葬」は“じゅんそう”と読みます)

邪馬台国の会のホームページに、
議事録がアップされています。

>>第342回 邪馬台国の会

kc_055_400

さて、
この日の話の中で、気になったことを
一つ書きたいと思います。

▷上円下方墳(じょうえんかほうふん)って、な~に~??

古墳といえば、
まずは前方後円墳が思い浮かびます。

capture_036

あとは、円墳、方墳。

日常会話には出てこないものの、
円墳、方墳も、「古墳だなぁ」とわかりますよね^^

上円下方墳は、
どんな形なのでしょうか??

上円下方墳を書いてみました~♪

上が円形、下が方形↓↓
kc_052_400
子供のころ、
漫画家を目指しておりましたが、
あきらめてよかったです

上円下方墳は、
上が円形、下が方形の古墳です。

「古墳」とひとことで言っても、
いろいろな形があるのだなと
あらためて勉強になるのでした。

上円下方墳
kc_052_400

ブログランキングに参加しています!
クスッときたらクリック♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

【邪馬台国の会】参加してきました☆7/26(日)

7/26(日)『邪馬台国の会』に参加してきました^^

邪馬台国の会の日曜日は、
毎月のように晴れつづきです^^
IMG_1581_300

IMG_1580_300

会場は文京区にある文化シヤッター(株)
BXビル多目的ホールです(^^)

自動ドアを入り、階段を昇っていただくと
看板がお出迎え。
IMG_1583_300

いつもは三人で受付を担当しておりますが、
この日はお渡しする資料が多かったため、
四人態勢です♪
IMG_1586_300

ダンディで博識な紳士のみなさんと
受付をやらせていただきます^^

今回はいろいろが特別なコースでした。

特別講演&懇親会、
そして、ロビーには日本画も展示☆

今日は、特別講演をご紹介します^^

▷特別講演会

「景行天皇と日本武尊」

河村哲夫先生:前回の特別講演
「神功皇后の謎を解く」に引き継ぎ、
ご講演いただきました。

河村先生、安本先生のご講演の後、
両先生の対談でした。

IMG_1598_300

IMG_1600_300
写真を撮っている私の姿がガラス越しに
写っています(笑)

▷河村哲夫先生の講演

「景行天皇とヤマトタケル」

資料を引用して、一部をご紹介します。

現在の学界においては、「非実在説」が多数とし、
問題を投げかけています。

九州・西日本地域に残された、
おびただしい景行天皇伝承および
中部・関東・東北方面に残されたヤマトタケル伝承が
学問的研究の対象から除外、
もしくは無視された状態となっている。

IMG_1595_300

河村先生は、実在したと考えていらっしゃる先生で、

景行天皇、ヤマトタケル伝承を探究され、
その効果を3つ挙げています。

(1)伝承も貴重な情報源である

日本各地に残された膨大な伝承は、
『日本書紀』『古事記』「風土記」などを、
見事に補完している。

(2)初期天皇は実在した

全国各地の伝承は、『日本書紀』『古事記』「風土記」に
登場する初期天皇や豪族の実在を前提にしており、
実在しないとする伝承は一件も見当たらない。

大和朝廷から命令を受けてこしらえたとする伝承も
まったく存在しない。

各地域が相互に連絡を取り合って虚構の伝承を
こしらえたとする伝承もまったく見当たらない。

(3)4世紀後半の古代史

「景行天皇とヤマトタケル」の実像に迫ることによって、
4世紀後半の古代史に迫ることが可能となる。

IMG_1596_300

河村先生は、福岡県の在住で、
その場所(現地)を実際に訪れ、
伝承地を探訪していらっしゃいます。

それだけに、説得力があると思いました。

この日は、講演会のあと、
懇親会がありました。

IMG_1620_200
河村先生と☆

IMG_1612_300
懇親会の様子

IMG_1616_300
女性の参加者の方と♪

IMG_1619_300
お邪魔したテーブルで☆

いろいろなテーブルにお邪魔して、
20人以上の方のお話を伺いました。

普段、受付をしているだけで、
中々このようにお話することがないので、
貴重な時間になりました^^

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

【邪馬台国の会】参加してきました☆6/28(日)

6/28(日)『邪馬台国の会』に参加してきました^^

この日も気持ちのよい晴れでした。
IMG_1564_300

会場は文京区にある文化シヤッター(株)
BXビル多目的ホールです(^^)

自動ドアを入り、階段を昇っていただくと
看板がお出迎え。
IMG_1569_300

その右側に受付があります。
IMG_1571_300

受付は三人です。

○初めてご参加か、会員さんか確認をして

○参加費をいただいて

○講演会の資料をお渡ししています(私はココの担当です)
IMG_1572_300

テーマは、
(1)淡路島出土の銅鐸
(2)中国で新発見の三角縁神獣鏡について再論
(3)卑弥呼について
でした☆

さて、講演会のスタートです☆
kc_012

▷テーマ(1)「淡路島出土の銅鐸」について

このテーマは、2015年5月20日(水)の朝日新聞(朝刊)を
受けてのものでした。

本物なの?

それとも、偽物??

結論を先に…
安本先生のご見解は、

今回出土した銅鐸は、本物とみてよいのでは?

ということでした。

flower

理由のひとつとして、

すでに兵庫県(旧国名:淡路)で
出土している銅鐸があるので、
今回の銅鐸も本物としてよいのでは?
あり得る話。

とおっしゃっていました。

すでに出土している兵庫県の銅鐸の
出土場所は↓↓
洲本市中川原町清水二ツ石

(邪馬台国の会資料より)

kc_011

前例があるから今回も、というだけの
理由ではありません^^

もちろん他にも理由を挙げていらっしゃいましたが、
専門的な内容にまとめられませんでした。

ギブアップです(笑)
すみません><

くわしくは邪馬台国の会の活動記録を
ご覧ください。

(2)中国で新発見の三角縁神獣鏡について再論
(3)卑弥呼について
も掲載されています。

>>第340回活動記録

flower

▷休憩時間☆

休憩時間は、
神社や神様、天皇に詳しい方と話し込んでいました~^^

このときは「鉄の神様」の話。

「へぇ~そうつながるのねぇ~」と
とても勉強になりました。

邪馬台国は私とはまた違う考え方の男性ですが、
豊富な知識と柔軟な考え方が好きで、
お声をかけました。

邪馬台国に限らず、古代史は、
自分と全く同じ考え方の人は
中々いないですからね^^

違いを楽しみます^^

IMG_157_300up

このブログを書いているのは、
2015年7月25日(土)の深夜
(実際は7/26日0時過ぎ)ですが、

6月邪馬台国の会のブログを書いたら、
明日は7月の邪馬台国の会です☆

7月は講演会のあとに、
懇親会もあり、楽しみです♪

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ