【古事記】1300年前を紐解く~大八島国の生成(2)~

古事記が完成して約1300年
その今!!日本人としていにしえの歴史書に触れてみたいと思います。

大八島国の生成(1)もぜひ^^

「古事記って聞いたことがあるけど、よくわからない」オトナ女子の皆さんにも楽しんで学んでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
1.国土の修理固成
2.二神の結婚
3.大八島国の生成ココ
4.神々の生成


▷よむ

【3.大八島国の生成(つづき)】
ここに伊邪那岐命、先に「あなにやし、えをとめを。」と言ひ、後に妹伊邪那美、「あなにやし、えをとこを。」と言ひき。

かく言ひ竟へて(をへて)御合(みあひ)して、生める子は、淡道の穗の狹別島(さわけのしま)。

次に伊豫(いよ)の二名島(ふたなのしま)を生みき。この島は、身一つにして面四つあり。面毎(おもごと)に名あり。

故(かれ)、伊豫國(いよのくに)は愛比賣(えひめ)と謂ひ、讚岐國(さぬきのくに)は飯依比古(いひよりひこ)と謂ひ、粟國(あはのくに)は大宜都比賣(おほげつひめ)と謂ひ、土左國(とさのくに)は建依別(たけよりわけ)と謂ふ。

▷みる~どう訳す?~

●伊豫(いよ)の二名島(ふたなのしま)—四国

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●淡道の穗の狹別島(さわけのしま)—「淡路島」のことで、最初に生まれる島です。

大八島国の生成(1)で書いたとおり、天つ神のアドバイスにより、伊邪那岐命が先に「あなにやし~~」と言い、妹伊邪那美が、「あなにやし~~」と言います。

すると、日本誕生☆☆

最初に淡路島ができました。

▷もう一度よむ

【3.大八島国の生成(つづき)】
ここに伊邪那岐命、先に「あなにやし、えをとめを。」と言ひ、後に妹伊邪那美、「あなにやし、えをとこを。」と言ひき。

かく言ひ竟へて(をへて)御合(みあひ)して、生める子は、淡道の穗の狹別島(さわけのしま)。

次に伊豫(いよ)の二名島(ふたなのしま)を生みき。この島は、身一つにして面四つあり。面毎(おもごと)に名あり。

故(かれ)、伊豫國(いよのくに)は愛比賣(えひめ)と謂ひ、讚岐國(さぬきのくに)は飯依比古(いひよりひこ)と謂ひ、粟國(あはのくに)は大宜都比賣(おほげつひめ)と謂ひ、土左國(とさのくに)は建依別(たけよりわけ)と謂ふ。

▷現代語訳

今度は伊邪那岐命が先に、「あぁなんて美しいんだ、この乙女は。」と言い、後に伊邪那美命が、「あぁなんてイイ男なんでしょう。」と言いました。

そういう風に言い終えて結婚(性交)して、生んだ子は、淡路島です。

次に四国を生みました。この島は、身一つで顔が四つあります。顔ごとに名前があります。

伊予の国は愛比売(えひめ)と言い、讃岐の国は飯依比古(いひよりひこ)と言い、阿波の国は大宜都比売(おほげつひめ)と言い、土佐の国は建依別(たけよりわけ)と言います。

つ、ついに、淡路島、四国、キタ~~!!

古事記ブログを振り返ると、
たくさん神様が登場して、伊邪那岐命と伊邪那美命がこの国をおさめることになって、結婚して、ヒルコが生まれて流して、淡路島が生まれるまでいろいろありましたね。

しみじみ…

できるだけ丁寧に☆を心がけているので、ゆっくりペースです。

自分でゆっくりやっているのですが、「やっと生まれた」感。

2014年中に生まれてよかったです。

(笑)

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
うれしいです^^
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

【古事記】1300年前を紐解く~大八島国の生成(1)~

※このブログは、2014年12月25日に書いています。

みなさんご存知、今日はクリスマスです。

有名人がクリスマス婚したとか、アナウンサーがクリスマス婚したとか、おめでたいですね。

古事記で初めて結婚した二人と言えば、伊邪那岐と伊邪那美です。

今日もその二人の神様の話をお届けします☆

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

今日は、上巻の「伊邪那岐命と伊邪那美命 2.二神の結婚」を見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
 1.国土の修理固成
 2.二神の結婚
 3.大八島国の生成ココ
 4.神々の生成


▷よむ

【3.大八島国の生成】
ここに二柱の神、議りて(はかりて)云ひけらく、「今吾(あ)が生める子良からず。なほ天つ神の御所(みもと)に白すべし(まをすべし)。」といひて、すなはち共に參上りて(まいのぼりて)、天つ神の命(みこと)を請ひき(こひき)。

ここに天つ神の命(みこと)もちて、太占(ふとまに)にト相ひて(うらなひて)、詔(の)りたまひしく、「女(をみな)先に言へるによりて良からず。また還り降りて改め言へ。」とのりたまひき。

故ここに反り(かへり)降りて、更にその天(あめ)の御柱を先の如く往き廻りき(めぐりき)。

capture_039

▷みる~どう訳す?~

●議りて(はかりて)云ひけらく—相談して

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●太占(ふとまに)—占いです。手順は次のとおり。

鹿の骨に線を入れておく

火で焼く

ヒビが入る

そのヒビの入り方で占います。

▷もう一度よむ

【3.大八島国の生成】
ここに二柱の神、議りて(はかりて)云ひけらく、「今吾(あ)が生める子良からず。なほ天つ神の御所(みもと)に白すべし(まをすべし)。」といひて、すなはち共に參上りて(まいのぼりて)、天つ神の命(みこと)を請ひき(こひき)。

ここに天つ神の命(みこと)もちて、太占(ふとまに)にト相ひて(うらなひて)、詔(の)りたまひしく、「女(をみな)先に言へるによりて良からず。また還り降りて改め言へ。」とのりたまひき。

故ここに反り(かへり)降りて、更にその天(あめ)の御柱を先の如く往き廻りき(めぐりき)。

▷現代語訳

【 3.大八島国の生成】
ここに二人の神様は相談して、「今私たちが生んだ子は良くない。天つ神のところに行ってどうしたらいいか聞いてみよう。」と言って、一緒に高天の原に参上して、天つ神の意見を求めました。

そこで天つ神の命令で太占で占いをして言われたのは、「女の方がさきに言ったのが良くない。かえって改めて言い直しなさい。」と言ったのでした。

そういうわけで、帰り降りてもう一度その天の御柱を前のように回りました。

次回はいよいよ私たちが知っている国を生みます、イザナミ。

ブログランキングに参加しています!
ランキングはいかに!?
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

【古事記】1300年前を紐解く~二神の結婚(4)~

古事記ブログの「二神の結婚」のまとめです。

理解したいけど、やっぱりまだよくわからないという人へ。

(字を追っているだけだと、理解するのって難しいですよね)

capture_038

「二神の結婚」の現代語訳を見たい人は、
二神の結婚(1)
二神の結婚(2)
二神の結婚(3)
をご覧ください☆

まずは読み下し文を…

【2.二神の結婚】
その島に天降りまして、天の御柱を見立て、八尋殿(やひろどの)を見立てたまひき。

ここにその妹伊邪那美命に問ひたまはく、「汝(な)が身は如何(いかに)か成れる。」ととひたまへば、「吾(あ)が身は、成り成りて成り合はざる處(ところ)一處(ひとところ)あり。」と答へたまひき。

ここに伊邪那岐命詔(の)りたまはく、「我が身は、成り成りて成り餘(あま)れる處一處あり。故(かれ)、この吾が身の成り餘(あま)れる處をもちて、汝が身の成り合はざる處にさし塞(ふた)ぎて、國土(くに)を生み成さむと以爲ふ(おもふ)。生むこと奈何(いかに)。」

とのりたまへば、伊邪那美命、「然善けむ(しかよけむ)。」と答へたまひき。

ここに伊邪那岐命詔(の)りたまひしく、「然らば吾(あれ)と汝(いまし)とこの天の御柱を行き廻り(めぐり)逢ひて、みとのまぐはひ爲む(せむ)。」とのりたまひき。

かく期りて(ちぎりて)、すなはち、「汝(いまし)は右より廻り(めぐり)逢へ、我は左より廻り逢はむ。」と詔りたまひ、約り(ちぎり)竟へて(をへて)廻る時、伊邪那美命、先に「あなにやし、えをとこを。」と言ひ、後に伊邪那岐命、「あなにやし、えをとめを。」と言ひ、各(おのおの)言ひ竟へ(をへ)し後、その妹(いも)に告げたまひしく、「女人(をみな)先に言へるは良からず。」とつげたまひき。

然れどもくみどに興して(おこして)生める子は、水蛭子(ひるこ)。この子は葦船に入れて流し去てき(うてき)。次に淡島(あはしま)を生みき。こも亦、子の例(たぐひ)には入れざりき。

capture_038

▷ざっくりとどう訳せる?

兄と妹関係の男女(伊邪那岐と伊邪那美)が結婚して、子供が生まれました。
その子は水蛭子(ひるこ)だったので、葦船に入れて流して捨ててしまいました。

▷この章のキーワードは?

水蛭子(ひるこ)です。

「グニャグニャな骨の無い子」と訳せます。

▷キーワードの「水蛭子」。何を表してるの?

流産・早産・死産児を表していると考えられます。

ひるこは、血や胎脂にまみれた赤ん坊であり、この世とあの世、生と死が交差するところにあり、境界性をおびたモノです。

capture_049

私たちはそのようなモノに恐怖を感じます。

それは日常の秩序を脅かすと感じられているからです。

まとめると…
水蛭子(ひるこ)は、流産・早産・死産児を象徴化したモノ。

生と死の境界性をおびていて、この世の「」(日常の秩序)を逆にインパクトをもって表現されています。

capture_038

▷「それで結局、この章では何が言いたいの?」

ズバリ「夫唱婦随(ふしょうふずい)に反したので、水蛭子(ひるこ)が生まれた」

※夫唱婦随とは、男が先、女はそれに従うという儒教思想です。

核の部分は、
“兄と妹が結婚して生まれた子供は水蛭子(ひるこ)だったので流し捨てた”
ということになりますが、

このエピソードは何が言いたいのかというと…

(伊邪那美)が先に声をかけ、(伊邪那岐)が後に声をかけた(夫唱婦随に反した)から、グニャグニャな骨の無い子(ひるこ)が生まれた。

ということなんですね。

▷まとめます!

「二神の結婚」では、夫唱婦随(ふしょうふずい)に反したから、生と死の境界性の象徴である「ひるこ」が生まれた。それはこの世の生(日常の秩序)を逆にインパクトをもって説明している。

お疲れさまでした!!

(大学の古事記の講義、岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考にしています)

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

【古事記】1300年前を紐解く~二神の結婚(3)~

1300年前の伊邪那岐と伊邪那美の結婚を紐解き中です☆

今日は「二神の結婚(3)」ということで、二神の結婚(1)二神の結婚(2)のつづきです。

「(他の神様は正直どうでもいいけど)イザナキとイザナミのことは知りたい」というオトナ女子の皆さんにも楽しんでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

いつもの復習です。

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

今日は、上巻の「伊邪那岐命と伊邪那美命 2.二神の結婚」を見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
 1.国土の修理固成
 2.二神の結婚ココ
 3.大八島国の生成


▷よむ

【2.二神の結婚】つづき
然れどもくみどに興して(おこして)生める子は、水蛭子(ひるこ)。この子は葦船に入れて流し去てき(うてき)。次に淡島(あはしま)を生みき。こも亦、子の例(たぐひ)には入れざりき。

▷みる~どう訳す?~

●くみどに興して(おこして)—結婚して(寝所で性交を始めて)

●子の例(たぐひ)—子の仲間

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●水蛭子(ひるこ)—血を吸うヒルに由来するもので、大きくてグニャグニャしていると推測されます。
なぜ、グニャグニャしている子、水蛭子が生まれたのでしょうか?

それは、二神の結婚(2)で紹介したように、先に女性(伊邪那美命)が声をかけ、次に男性(伊邪那美命)が声をかけたからです。

つまり夫唱婦随(ふしょうふずい)に反したからです。

※夫唱婦随とは、男が先、女はそれに従うという儒教思想です。

ここにも、天武時代の儒教思想が反映されています。

「夫唱婦随」で具体的に何が言いたいかというと…

この世の秩序は男性中心に動く

このことを、古事記の国生みで確認しているのです。

●葦船—葦を編んで作った船

●淡島—所在不明です。字の通り、淡い=弱い島だったのでは?と考えられます。

▷現代語訳

しかし結婚をして生んだ子は、水蛭子でした。

この子は葦船に入れ流し捨ててしまいました。

次に淡島を生みました。

この子もまた、子の仲間には入れませんでした。

1300年前にはすでに、「オトコはえらいんだぞ」「オトコに従ってね」という考え方があったのですね。。。

う~~む。

(笑)

▷最後に

「それで結局、この記事から何を読み取ればいいんだっけ?」

ブログや記事を読んでいて「一つ一つの説明はわかったけど、要点は何??」と思うことがあります。

この古事記ブログが「何が言いたいのかわからないから、つまらない」とならないように、「二神の結婚」のまとめブログを後日書きます☆
まとめブログ書きました。

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます!!!
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ

【古事記】1300年前を紐解く~二神の結婚(2)~

古事記が完成して約1300年
その今!!日本人としていにしえの歴史書に触れてみたいと思います。

二神の結婚(1)のつづきです。

「(他の神様は正直どうでもいいけど)イザナキとイザナミのことは知りたい」というオトナ女子の皆さんにも楽しんでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

今日は、上巻の「伊邪那岐命と伊邪那美命 2.二神の結婚」を見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
 1.国土の修理固成
 2.二神の結婚ココ
 3.大八島国の生成


▷よむ

【2.二神の結婚】つづき
ここに伊邪那岐命詔(の)りたまひしく、「然らば吾(あれ)と汝(いまし)とこの天の御柱を行き廻り(めぐり)逢ひて、みとのまぐはひ爲む(せむ)。」とのりたまひき。

かく期りて(ちぎりて)、すなはち、「汝(いまし)は右より廻り(めぐり)逢へ、我は左より廻り逢はむ。」と詔りたまひ、約り(ちぎり)竟へて(をへて)廻る時、伊邪那美命、先に「あなにやし、えをとこを。」と言ひ、後に伊邪那岐命、「あなにやし、えをとめを。」と言ひ、各(おのおの)言ひ竟へ(をへ)し後、その妹(いも)に告げたまひしく、「女人(をみな)先に言へるは良からず。」とつげたまひき。

▷みる~どう訳す?~

●みと—御所のことで、ここでは結婚する場所

●まぐはひ—結婚(「目合い」から転じて交接の意味)

●約り(ちぎり)竟へて(をへて)廻る時—約束し終わって回る時

●「あなにやし、えをとこを。」—あぁなんて、イイ男なんでしょう。

●「あなにやし、えをとめを。」—あぁなんて、美しいんだ、この乙女は。

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●「汝(いまし)は右より廻り(めぐり)逢へ、我は左より廻り逢はむ。」—伊邪那岐命は伊邪那美命に「お前が右回り、私は左回りする。」と言います。

ここに儒教思想が反映されています。

儒教思想→“左の方がえらい”

伊邪那岐命=男=左回り=えらい

古事記は天武天皇の命によって作られました。

天武天皇は儒教にかなり影響を受けています。

そのことが古事記からも見られるわけです。

▷もう一度よむ

【2.二神の結婚】つづき
ここに伊邪那岐命詔(の)りたまひしく、「然らば吾(あれ)と汝(いまし)とこの天の御柱を行き廻り(めぐり)逢ひて、みとのまぐはひ爲む(せむ)。」とのりたまひき。

かく期りて(ちぎりて)、すなはち、「汝(いまし)は右より廻り(めぐり)逢へ、我は左より廻り逢はむ。」と詔りたまひ、約り(ちぎり)竟へて(をへて)廻る時、伊邪那美命、先に「あなにやし、えをとこを。」と言ひ、後に伊邪那岐命、「あなにやし、えをとめを。」と言ひ、各(おのおの)言ひ竟へ(をへ)し後、その妹(いも)に告げたまひしく、「女人(をみな)先に言へるは良からず。」とつげたまひき。

▷現代語訳

【 2.二神の結婚】つづき
そこで、伊邪那岐命が言ったことで、「それでは私とお前とでこの天の御柱を回って、御所で結婚しよう」と言いました。

そのように約束して、それで、「お前は右回り、私は左回りをして会おう。」と言って約束をし終わって回る時、伊邪那美命は先に「あぁなんてイイ男なんでしょう。」と言い、後に伊邪那岐命が「あぁなんて美しいんだ、この乙女は。」と言い、それぞれ言い終わった後、妹(伊邪那美命)に告げたのは、「女性が先に言うのはまずいんじゃない?」と告げたのでした。

ついに結婚しましたね。

capture_039

▷今日のポイント

伊邪那命が先に「あぁなんてイイ男なんでしょう。」と言い、その後に伊邪那命が「あぁなんて美しいんだ、この乙女は。」と言ったところです。

先に女性後に男性が声をかけた、その結果どうなったでしょうか??

次回につづきます。

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ