【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第4回

今日も一日お疲れ様です。

ちょっとお疲れなあなたに、古代からエッセイのお届けです☆

難しいことは抜きにして、リラックスして枕草子で感性を磨きませんか??

枕草子で感性を磨くシリーズ
第1回 春
第2回 夏
第3回 秋

枕草子で感性を磨くシリーズ、本日最終回です。

capture_029

清少納言が書いた日本で最初の随筆集「枕草子」

誰でも名前は聞いたことがあると思います。

「授業で暗記させられた記憶がある…」

「大人になってまで勉強なんてやだ~」

難しいことは書きません。
長い文章は書きません。

そして、テストの解答的な現代語訳を考えるのではありません♪

枕草子のワンフレーズをあなたの感覚で読んで、一緒に感性を磨きましょう☆という主旨でお送りします。

capture_030

春はあけぼの(明け方)
夏は夜
秋は夕暮れ

さて冬は…??

今日もあなたらしく私らしく、枕草子をみていきましょう☆

冬はつとめて。
雪の降りたるは、いふべきにもあらず。
霜のいと白きも。
また、さらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。
(『枕草子』清少納言)

capture_018

冬は早朝がいい♪

冬は寒いけど、それが冬!

だから冬や早朝がよくて、雪が降るのなんて言うまでもないくらいいわよね。

霜が真っ白におりているのもいい。

でも雪や霜がないときでも、とても寒いとき、火を急いでおこして、炭を部屋に持っていくのも、冬らしくていいと思う。

でも、昼になって寒さがゆるんでくると、火桶の火も白く灰をかぶって良くない><

capture_030

“春はあけぼの”からずっと「いいわ(をかし)」が続いてきましたが、最後に「良くない(わろし)」を持ってくるのがお見事!

秋は夕暮れ”では、視覚世界、聴覚世界が表現されていましたが、冬は冷たさ(雪、霜)と温かさ(火)の皮膚感覚の世界まで登場します。

見逃しがちな何気ない日常の一コマ。

清少納言の見事な観察力が発揮されています☆

忙しさを理由に、日常を通り過ぎてしまっていること、いっぱいあるな~。

これから年末に向けてワサワサとしてきますが、日常のふとしたことに気が付ける余裕が欲しいな、と思うのでした^^

その余裕が感性アップにつながると考えます♪

冬はつとめて。
雪の降りたるは、いふべきにもあらず。
霜のいと白きも。
また、さらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。
(『枕草子』清少納言)

あなたは清少納言の世界をどんな風に描きましたか??

ブログランキングに参加しています☆
↓↓ありがとうございます!

【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第3回

今日も一日お疲れ様です。

ちょっとお疲れなあなたに、古代からエッセイのお届けです☆

難しいことは抜きにして、枕草子で感性を磨きませんか??

【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第1回
【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第2回

(全4回です)

capture_029

清少納言が書いた日本で最初の随筆集「枕草子」

誰でも名前は聞いたことがあると思います。

「このブログ読んで本当に感性が磨けるの~?」

「まだ古典に抵抗があるんだけど~」

難しいことは書きません。
長い文章は書きません。

そして、テストの解答的な現代語訳を考えるのではありません♪

枕草子のワンフレーズをあなたの感覚で読んで、一緒に感性を磨きましょう☆という主旨でお送りします。

第4回が読み終わった頃、あなたの感性はアップしていることでしょう☆

capture_030

本日は、第3回です。

【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第1回
【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第2回

残すところあと1回です。

リラックスして参りましょう!

秋は夕暮れ。
夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、
烏の、寝どころへ行くとて、
三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへ、あはれなり。
まいて、雁などの列(つら)ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
日入りはてて、風の音(おと)、虫の音(ね)など、はたいふべきにあらず。
(『枕草子』清少納言)

今の時期にピッタリの章がきました。

全体的に切ない秋の章。

秋の夕暮れを描いてみてください♪

夕日が山の端を鮮やかに染めるとき。

烏が飛んでいる様子が身に染みるわ。

三つ四つ、二つ三つ、飛び急ぐその様子さえしみじみする。

まして雁が連なって飛んでいるのが、とても小さく見えるのはとてもいいわよね!

ここまでは、視覚世界で、「日入りはてて」からは聴覚世界

風の音、虫の音は言うまでもないくらいいいわ。

夕暮れの「カァ~カァ~」のあの時間帯を思い浮かべるといいかもしれません^^

最初は、視覚世界
日入りはてて~は聴覚世界です。

秋は夕暮れ。
夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、
烏の、寝どころへ行くとて、
三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへ、あはれなり。
まいて、雁などの列(つら)ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。
日入りはてて、風の音(おと)、虫の音(ね)など、はたいふべきにあらず。
(『枕草子』清少納言)

あなたは清少納言の世界をどんな風に描きましたか??

ブログランキングに参加しています☆
↓↓枕草子で感性を磨く☆

【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第2回

今日も一日お疲れ様です。

ちょっとお疲れなあなたに、古代からエッセイのお届けです☆

難しいことは抜きにして、枕草子で感性を磨きませんか??

【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第1回

capture_029

清少納言が書いた日本で最初の随筆集「枕草子」

誰でも名前は聞いたことがあると思います。

「疲れてるし、眠いし、難しい文章なんて見たくないよ~」

「古典て退屈だよね~」

「昔の文章とか興味ないよ~」というあなた。

難しいことは書きません。
長い文章は書きません。

そして、テストの解答的な現代語訳を考えるのではありません♪

枕草子のワンフレーズをあなたの感覚で読んで、一緒に感性を磨きましょう☆という主旨でお送りします。

capture_030

本日は、その第2回です。
(全4回の予定です)

第4回が読み終わった頃、あなたの感性はアップしていることでしょう☆

【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第1回

では、さっそく始まりはじまり~

夏は夜。
月のころは、さらなり。
闇もなほ。蛍のおほく飛びちがひたる、また、ただ一つ二つなど、
ほのかにうち光りて行くも、をかし。
雨など降るも、をかし。
(『枕草子』清少納言)

夏の夜を想像してみましょう☆

夏の夜にわくわくするのは、私だけでしょうか(笑)

夏は夜がいいわよね!と清女は言っています。

※清女は、清少納言の異名です。

満月のころはもちろん♪

闇もやっぱりいいと思う。

蛍が闇の中を群れて飛んでいる。蛍の光がキラキラ。

でも、蛍が一つ二つとほのかにうち光って飛んでいるのも素敵だと思う。

また、月も出ていない、蛍もない雨の夜も見どころがあるわ。

夏の夜の魅力が伝わってきますね。

さすが、清女の鑑賞眼☆

夏の夜を想像していただいてもう一度。

夏は夜。
月のころは、さらなり。
闇もなほ。蛍のおほく飛びちがひたる、また、ただ一つ二つなど、
ほのかにうち光りて行くも、をかし。
雨など降るも、をかし。
(『枕草子』清少納言)

あなたは清少納言の世界をどんな風に描きましたか??

ブログランキングに参加しています☆
↓↓清少納言ステキ☆

【枕草子】枕草子で感性を磨く☆第1回

今日も一日お疲れ様です。

ちょっとお疲れなあなたに、古代からエッセイのお届けです☆

難しいことは抜きにして、枕草子で感性を磨きませんか??

capture_029

才女、清少納言が書いた日本で最初の随筆集「枕草子」

誰でも名前は聞いたことがあると思います。

「疲れてるんだから、難しい文章なんて見たくないよ~」

「古典て退屈だよね~」というあなた。

難しいことは書きません。
長い文章は書きません。

そして、テストの解答的な現代語訳を考えるのではありません♪

枕草子のワンフレーズをあなたの感覚で読んで、感性を磨きましょう☆という主旨でお送りします。

capture_030

本日は、その第1回です。
(全4回の予定です)

では、さっそく始まりはじまり~

春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、
紫だちたる雲の、細くたなびきたる。
(『枕草子』清少納言)

今日は難しく現代語訳を考えるのではないので、”春はあけぼのがよい”などと堅苦しく日本語を探さないでください。

ではどうするか??

情景を思い浮かべてみましょう^^

春は明け方がステキ。

だんだん明るくなっていく山ぎわ(空が山に触れるところ)。

それは美しいグラデーションです。

(いつか見た日の出を思い出してみるのもいいかもしれません。)

山ぎわが少ーしずつ明るくなってきて、紫がかった雲が、細く横にただよっている様子がまたステキよね~

capture_030

春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、
紫だちたる雲の、細くたなびきたる。
(『枕草子』清少納言)

あなたは清少納言の世界をどんな風に描きましたか??

ブログランキングに参加しています☆
↓↓清少納言☆