『古事記』を読む前に知っておきたい10のこと

『古事記』をより楽しく読むために。

『古事記』の本文を読む前に知っておきたい10のこと

1)古事記』はいつできたの?
712年にできました。(元明天皇に献上されました)

2)が書いたの?
→稗田阿礼(ひえだのあれ)という語り部が語ったことを太安万侶(おおのやすまろ)が記述したとされています。

3)なぜ書いたの?
→天武天皇が「書いて」と言ったからです。

4)天武天皇はなぜ書くように命令したの?
王統(統治)の正統性を語るためです。

5)稗田阿礼(ひえだのあれ)は何を語ったの?
→「帝皇日継」(ていおうのひつぎ。帝紀)と「先代旧辞」(せんだいのくじ。旧辞)です。(Wikipediaより引用)

6)帝紀と旧辞って何?
→『古事記』や『日本書紀』以前に存在したと考えられている日本の歴史書です。(現存していないです)(Wikipediaより引用)

7)いつからいつまでのことが書かれているの?
→日本の誕生~第33代推古天皇までです。

8)何巻まであるの?
→上中下の3巻です。

9)偽書って聞いたことがあるけど…
→確かに、そういうはあります。
検討が必要な説も一部にはあるようですが、『古事記』は奈良時代に成立したのは疑いないです。

10)ざっくり言うと『古事記』には何が書かれているの?
天皇家の歴史についてです。

『古事記』を読む前に知っておきたい10のこと。

いかがだったでしょうか^^

これで『古事記』をより楽しめること間違いなし♪

補足で…
稗田阿礼(ひえだのあれ)ってどういう人かというと、当時28歳。生まれつき聡明で、どんな文でもすぐに暗記して口に出すことができる人。

それから、一回覚えたことは忘れない人だったそうで、記憶力が良かったようですね。

ステキ!

(参考文献『古事記』倉野憲司 校注)