【たび日記】三重県 幻の都 「斎宮」

千手観音さん

どこに行ったの?

◇幻の都 「斎宮」

image2_1_600

場所は?

三重県多気郡明和町

たびの時期を教えて!

平成28年4月

行ったきっかけは?

古事記に出てくる豊鍬入姫・倭姫や
史実上最初になる大来皇女など、

天皇に代わって伊勢神宮の
天照大神に仕えた斎王の事が知りたくて。

エピソード☆

《斎王駅》無人駅
image1_600
写真の建物は綺麗な待合室

近鉄山田線の斎宮駅から広がる斎宮跡。

ここで660年もの間、
祈りのためだけの都が
あったことに驚きです。

全容がわかるまでの発掘に
あと100年はかかるとか。

行った日にも発掘調査されている方々が
いらっしゃいました。

ここがポイント☆

《斎宮の森》

ーーーーーーーーーーーーー

斎王制度は遠く崇神天皇の御代に起源して
天武天皇以後その制度を確立し
歴代皇女または女王を斎王にたてられる例であった。

吉野時代後醍醐天皇以後戦乱のため
中絶し再興を見なかった。

(案内板より)

ーーーーーーーーーーーーー

《史跡公園「さいくう平安の杜」》

image2_600
(クリックで拡大します)

9世紀に斎宮寮の長官が儀式や饗応に用いた
「寮庁」の中心的な3棟の建物が、
発掘された場所に実物大で復元されています。

《斎宮歴史ロマン広場》

斎王の宮殿と「斎王寮」と呼ばれた
役所の跡に1/10の模型で再現してあります。

《斎宮歴史博物館》
image3_600
(クリックで拡大します)

国指定史跡斎宮跡の一角に建つ県立の博物館。

斎宮の歴史を紹介するため、
文献史料や発掘品、映像で
分かりやすく紹介しています。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ