謎多き女性ヒミコの館と衣裳をビジュアルで♪

大阪府弥生文化博物館の
<卑弥呼の館の復元>です。

こんなイメージだそうです^^

IMG_4093_300
(だいたい)中央から

IMG_4095_300
右サイドから

卑弥呼はどこにいるでしょう??

左側の・・・

IMG_4096_300

ここです。

IMG_4096_300_3

IMG_4096_300_2

謎多き女性ですので、
復元も顔は見せないという忠実さです^^

この博物館では、
<卑弥呼の衣裳>の復元もありました♪

中国や日本の専門家の指導のもとに、
復元したとのこと。

青銅鏡を掲げています。

IMG_4104_300

------------
後漢王朝から表着を贈られ、
同時に入手した布で上衣や裳を作り、

卑弥呼は後漢王朝が
後ろ盾であることを
アピールするため、

あえて中国風に表着を
上衣や裳の上に羽織ったという
想定です。

(博物館内 説明版より引用)
------------

IMG_4105_300

“あえて”中国風の衣装をまとった、
という想定だそうです。

卑弥呼の館の復元ジオラマも
そうでしたが、

『魏志倭人伝』をもとに
考えられているので、

このあたりは、日本側の古典で考えると
どうなのでしょうか??

気になります。

調べてみようと思います^^

IMG_4106_300

------------
絹製の表着には、さまざまな文様を
刺繍しています。

(同引用)
------------

IMG_4107_300

卑弥呼の写真を4枚撮りましたが、
いい角度で青銅鏡を掲げているので、
顔が全部写っていませんね^^;

情報が少ないので、
卑弥呼像は謎のまた謎です。

なので、あまりビジュアルを考えたことが
ありませんでしたが、

こんな衣裳を着ていたのかな~と、
妄想を楽しむことができました(笑)

~*~*~*~*~*~*~*~*~
ブログに書いていないことも、
お届け♪

古代史Cafeのメールレターの
ご登録は こちら から☆

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ