飛鳥橿原シンポジウムに参加☆「神話伝承はつくりものではない」

先日、都内で古代史のシンポジウムに
参加してまいりました。

飛鳥橿原シンポジウム
はじまりの物語
~神武2600年と古事記・日本書紀~

有楽町朝日ホールにて

kc_073_300
神武天皇のイラスト

“はじまりの物語”というワード、
優しく響いて、わくわくしませんか?

kc_074_300

わたしは、「ステキ♪」と思いました。

このようなプログラムでした。

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー
対談「神話の地に息づく神武さん」
橿原神宮宮司 久保田氏
宮崎神宮宮司 杉田氏
コーディネーター 吉木氏

インタビュー
漫画家 安彦氏(ガンダム、ナムジ)

講演「記紀から紐解く神武天皇」
作家 竹田氏(明治天皇の玄孫のあの方)

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

豪華です~☆

終了時間が30分もおすほど、
内容盛りだくさんでした。

なぜ、橿原神宮と宮崎神宮の宮司さんの
対談なのか?というと、

神武天皇は、
宮崎県を出発し、橿原に到着。

ということで…

出発地、
宮崎県の宮崎神宮の宮司さんと

到着地、
橿原の橿原神宮の宮司さんの対談があり、

進行役で、コーディネーターの
女性もいらっしゃいました。

宮司さんから、記紀の話が伺えるのは
貴重だなと思いました^^

<宮崎神宮 宮司さんの話>(一部)

記紀は、宮崎県と深くかかわっている
→例えば、高千穂、小門、橘など

宮崎県の高原町の
狭野神社(さのじんじゃ)が、
神武天皇の生誕地と言われている

そして、
「神話伝承は決してつくりものではない」
とおっしゃっていたのが、印象的でした^^

kc_039_200

<橿原神宮 宮司さんの話>(一部)

神武天皇が橿原宮に即位した日は、2月11日

橿原の地では、神武天皇のことを
親しみをもって”神武さん”と呼んでいる

神武天皇のころから暦が入る

それ以前は、「アマテラス 云々…」と記紀に
書かれている

「橿原宮で即位して、日本の歴史が
始まったのは確かではないかと思う」

とおっしゃっていました。

このようなことが、
宮司さんから聞けるとは思わず、

お得な気分?になりました。

宮司さんのお話のあとは、
コーディネーターの女性のお話と、

漫画家安彦先生、
そして、竹田氏の講演へとつづきます。

kc_039_200

さて、今回のこの豪華なシンポジウム。
(参加費1,000円)

古代史日和がご縁でつながれた女性に
教えていただいたものなのです。

古代史Cafe会、「邪馬台国の会」にも
ご参加くださっています。
ありがとうございます。

2016年、まだ一ヶ月経っていないですが、
素敵なご縁に恵まれ、

シンポジウムに、べんきょう会に、
濃密な古代史時間を過ごしております。

感謝です♡

そして、古代史Cafeの活動を始めて、
まだ一年経っていないですが、

古代史Cafeを通して、
素晴らしい出会いがあり、

一年前とは、比べものにならないほど、
古代史時間が、キラキラ、
わくわくに満ちています☆

IMG_2673_300
古代史Cafe会

ーーーーーーーーーーーーー
ランチにも負けない程、
会話は大いに盛り上がり、
美味しい話題ずくしでした。
ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーー
「Cafe」という気軽な雰囲気の中で
「好きなこと」を共感でき、
語りあえるのは新鮮で、

自分だけでは、知りえなかったことなど
また、違う興味がわいて楽しかったです。
ーーーーーーーーーーーーー

こんな感想をいただいております^^

IMG_1288_300_2
古代史Cafe会

3月も古代史Cafe会を
開催いたします。

時間の許す限り、
おしゃべりしましょう~♪

古代史Cafe会
>>最新かつどうスケジュール

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ