【古代史講演会】「物部氏の東遷」参加してきました☆(5)

港区三田での講演会のブログのつづきです。

「物部氏の東遷」講演会ブログ、今回が最終回です^^

capture_033

講演会のテーマは、
「物部氏の東遷ーようこそ神々のふるさとへー」
1.神話の神々を祭る山河
2.倭国の伝統の矜持(きょうじ)をもった北部九州の東地域
3.東地域にみられる神話と大和地名の残照
4.物部氏と尾張氏
でした。
※矜持(きょうじ)とは、自負、プライドのことです。

(主催 九州の歴史と文化を楽しむ会)

「先代旧事本紀 現代語訳」を書かれた女性の講師のご講演でした^^

「物部氏の東遷」講演会過去ブログはこちらから☆↓↓
サクッとまとめ編
神話の神々を祭る山河
倭国の伝統の矜持(きょうじ)をもった北部九州の東地域
東地域にみられる神話と大和地名の残照

capture_031

今日は、「4.物部氏と尾張氏」についてです。

▷物部氏の系譜

『先代旧事本紀』「天神本紀」では、饒速日命とともに、三十二の神々と物部二十五部が、この筑紫の国の東部を中心とする地域から、畿内方面へ降臨するのが理解される。
(資料より引用)

古典を素直に読むと、饒速日命(にぎはやひのみこと)たちは、筑紫の国(北部九州)から、畿内方面へ移動したようです。

そして、

古代の有力氏族である物部氏は、饒速日命と大和の豪族の娘の子として生まれた宇摩志麻治の命を祖とする。
(同資料より引用)

そんな物部氏の系譜を見てみましょう。

古事記、日本書紀の系譜(資料)
capture_065
(クリックで拡大します)

先代旧事本紀の系譜(資料)
capture_066
(クリックで拡大します)

物部氏は、上の系譜赤枠の「宇摩志麻治命」(うましまちのみこと)から始まっているとのこと。

ワタシのメモ書きがありますが…気にしないでください><

ちなみに、饒速日尊(にぎはやひのみこと)は、神武天皇より先に大和に入っていたそうです。

capture_031

▷尾張氏も

物部氏は饒速日尊(にぎはやひのみこと)の子「宇摩志麻治命」から始まったことがわかりましたが、

饒速日尊は、尾張氏も生み出しているんです。

天道日女命と饒速日尊の子、天香語山命(高倉下)が尾張氏の先祖と続いていきます。

資料を見てみましょう。

capture_067
(クリックで拡大します)

三種の神器の1つ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祭る神社「熱田神宮」の祭祀を行っているのは尾張氏です。

▷まとめ

仏教渡来以前からある氏族の物部氏尾張氏

日本の歴史の中で大事な氏族で、饒速日尊はその両氏族を生み出しているんですね☆

capture_031

▷最後に

「物部氏の東遷」講演会ブログも最終回になりました^^

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

まだまだ講演会内容を書ききれてないのですが、ここでいったん区切りたいと思います♪

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ