【古代史講演会】「物部氏の東遷」参加してきました☆(1)

先日、古代史の講演会に参加してきました^^
@三田(港区)

テーマは、
「物部氏の東遷ーようこそ神々のふるさとへー」
1.神話の神々を祭る山河
2.倭国の伝統の矜持(きょうじ)をもった北部九州の東地域
3.東地域にみられる神話と大和地名の残照
4.物部氏と尾張氏
でした。
※矜持(きょうじ)とは、自負、プライドのことです。

(主催 九州の歴史と文化を楽しむ会)

「先代旧事本紀 現代語訳」を書かれた女性の講師で、丁寧で初心者の私でもわかりやすい講演でした^^
capture_031
学んだことをまとめます☆

(箇条書きにしたので、サクッと読めます)

・日本の上代古典は、矛盾していることは言っていない。
(古典:古事記、日本書紀、先代旧事本紀、風土記、万葉集、古語拾遺)

例えば古事記と日本書紀で内容が違うことがある。
その理由は、違う種族が伝承し、書きつけたので。(当たり前)

そのような違いを除くと、一致している。
(「よくぞ一致している!」と考える人は少ない。)

・古典に書かれている古い神話の時代は、が出てくる。
楠や樫は北部九州にある植物→神話は北部九州が舞台になっている。

(畿内や関東は、

・川は言語の化石。

・山頂に神々を祭るのは古代のスタイル。その後、山頂まで行くのが大変になり、山の下に祭られるようになった。

・場所を移せる天皇家は海洋民族なのでは?農耕民族は土着して動かない。

・なぜ山などの自然に神が祭られているのか?
そもそも社殿は仏教の影響で、仏教が日本に入ってくる以前は、社殿はなく山や石など自然を信仰していた。

capture_031

へぇ~なるほど~と思うことがたくさんありました。

例えば、古事記、日本書紀で何で違うことを言ってるの?

の答えは、シンプルなものでした。

「違う種族が伝承し、書きつけたものだから違って当たり前」

なんとなんと。

そうですよね。

言われてみれば、そりゃそうだ、と。

それぞれの立場で、それぞれ伝えたいことを言っているんですからね。

「違って当たり前」

capture_033

古典の植物に注目するのもおもしろいなと思ったのが、コレ。

古典に出てくる

畿内や関東にはなく北部九州にある植物だそうで…

ということは、素直に考えれば、神話って北部九州発ですよね。

ふむふむ。

capture_033

社殿ではなく、山や岩などに神様が宿っている、祭られているのは何でなのかな?と漠然と思っていましたが、こちらもすっきり。

538年に仏教が伝来しますが、神社で見られる社殿は仏教の影響で、それ以前は社殿はなく山や岩、石、樹木に神様が祭られていて、それを拝んでいたんですね。

日本の最初の信仰は、自然だったんですね~。

日本人なのに、日本のこと全然知らない><

今日はこのあたりで、次回、講演会の本題に入ります(笑)

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ