【聖徳太子】矛盾してない?

聖徳太子の業績の中で、今日は特に2つをクローズアップ☆

そして、聖徳太子の性格を妄想・想像してみようと思います。

クローズアップする2つはこれです。
十七条憲法
新羅(朝鮮半島)出兵の計画

ほんの少し詳しく見ていくと…(←この表現が矛盾)(笑)

1つめの十七条憲法は、役人の心構えです。

「一に曰わく、和を以って貴(とうと)しとなし、~~~」のアレです。

役人の心構えなので、いわゆる今の憲法とは違うようです。

十七条憲法のポイントだけ。

第一条

和を何よりも大切なものとし、いさかいをおこさないこと。

(古代史Cafe超訳:平和・穏やかさ・協調性を大切にしてね。けんかは、ダメよ~ダメダメ)

第二条

あつく三宝(仏教)を信奉しなさい。

(古代史Cafe超訳:熱い気持ちで仏教を!)

第三条

天皇の命令をうけたら必ず謹んでそれに従いなさい。





第九条

真心は人の道の根本である。

(ステキなことをおっしゃる)

と、こんな調子で十七条まであります。

これを見ると聖徳太子って、温和でできたお人だったんだろうなぁ。。。と想像します。

が、しかし!

2つめ、新羅(朝鮮半島)に出兵の計画

つまり、戦争をしようとするのです。

「和を以って貴(とうと)しとなし、~~~」と言っていた人が、武力を行使しようとする。

「平和を大切にしてね。けんかはダメよ」と言っていた人が、武力を行使しようとする。

これって、矛盾していませんか?

(一部参考:『逆説の日本史2』井沢元彦著)

つづく

ブログランキングに参加しています☆
↓↓聖徳太子三昧の秋☆



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ