【聖徳太子】学校では教えてくれない込み入ったハナシ

伯父が暗殺されたり、妻が不倫していたり、妻が自殺してしまったり…と周辺が慌ただしい聖徳太子ですが、今日は太子の母親に注目してみます。

暗殺や不倫や自殺などいろいろな事件が起きた後、新たなコトが発覚します。

それは、母親が太子の兄とできてしまって妊娠という。。。

「なにやら、あったみたいですね…」

capture_011
聖徳太子「そうなんだよ。二十歳前後でこの経験はけっこうきついよ…」

と言ったかどうかはわかりませんが、整理すると、、、

太子の母は後妻でした。

太子の父(用明天皇)と前妻の間には子供がいました。

田目皇子(ためのみこ)と言います。

太子から見ると、兄です。(異母兄)

capture_012
(クリックで拡大します)

その田目皇子と太子の母ができてしまいました。

時系列で見ていくと、
太子の父(用明天皇)亡くなる

いろいろな事件が起きる

母が兄との子を身ごもった
という流れになります。

伯父の暗殺や妻の不倫や自殺などで、きっと精神的に参っていたと思うのですが、頼りたい母親もまさかの展開に、複雑な気持ちだったのでは…と思います。

お察しします。

これは、十七条憲法や冠位十二階が作られる前の話です。

capture_011
聖徳太子「これから期待に応えて活躍するから、もう少し待ってて!」

と言ったかどうかはわかりませんが、聖徳太子の活躍に乞うご期待☆

ブログランキングに参加しています☆
↓↓いつもありがとうございます☆



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ