【聖徳太子】その複雑な人間模様

聖徳太子のイメージといえば、

人の話をよく聞いて、頭のいい人

とか、

十七条の憲法や冠位十二階

でしょうか。

そんな聖徳太子ですが、彼を取り巻く人間模様がかなり複雑なんです。

聖徳太子の10代後半~のオハナシ

飛鳥時代の政治家であり貴族でもある蘇我馬子の娘結婚します。

「太子さん、結婚おめでとう」

capture_011
聖徳太子「ありがとう。幸せになるよ」

そして子供も生まれた。

でもこの結婚、策略家の蘇我馬子が仕組んだものだったのかもしれないのです。

この時代の政略結婚はよくあったようです。

聖徳太子の父親はこの政略結婚に反対しなかったのでしょうか?

太子に聞いてみましょう。

capture_011
聖徳太子「天皇をしていた父は、数年前に亡くなったよ」

このときの天皇は崇峻天皇で、聖徳太子の伯父でした。

capture_011
聖徳太子「聞いてよ、その伯父が殺されたんだ…」

前代未聞の暗殺事件が起きたのです。

犯人は、顔見知りの人でした。

聖徳太子の妻(蘇我馬子の娘)の家庭教師であり、蘇我馬子の部下である人でした。

名前は東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)です。

長いので、と呼びます。

伯父が暗殺されただけでもショッキングですが、これだけでは終わらないのです。

capture_011
聖徳太子「妻が…伯父の殺人犯と不倫をしていて、僕と子供を捨てて逃げようとしているんだ」

太子の伯父である崇峻天皇を殺したと、太子の奥さんが不倫をしていたようです。

太子の奥さんは太子ではなく駒を選んだ…

がっくりきますよね…
がっくりどころの話ではないですよね…

ショッキングはまだ続きます><

ブログランキングに参加しています☆
↓↓お願いします☆



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ