【崇峻天皇】殺害事件 その後

天皇が臣下に殺害されるという前代未聞な事件。

殺害を指示した人(主犯)と実行犯はわかりましたが、奇妙なことが起きて謎は深まるばかり…

【崇峻天皇】殺害事件 その後 の、その前が気になる方は
↓↓
前代未聞 天皇が臣下に殺される事件
前代未聞 天皇が臣下に殺される事件 つづき

そこで、事件のその後を見てみようと思います。

この事件でをしている人がいたら、その人があやしいですからね。

さて”天皇”が殺害されたわけですが、次に誰が即位するのか。

当時、崇峻天皇と同じ世代の皇子たちはだれも生存していない。
有力な皇位継承候補はこの世代にはいないということになる。
次の世代を見ると、有力な皇位継承候補が二人いる。

(『NHK歴史発見【5】』NHK歴史発見取材班より引用)

有力な皇位継承候補って誰でしょう?

図で見ると…
capture_007
(出典『NHK歴史発見【5】』NHK歴史発見取材班)

これを元に見やすく作成してみました。

capture_008
(クリックで拡大します)

崇峻天皇と同じ世代の皇子たちはだれも生存していないので、
有力な皇位継承候補の二人は、厩戸皇子(聖徳太子)竹田皇子です。

このとき、聖徳太子は二十歳。

おそらく竹田皇子も同年代、のはず。
(はず、というのは、竹田さんの記録が残っていないんです)

さてどちらの皇子が天皇に選ばれたかというと…

意外な決定が下されました。

炊屋姫の即位です。

推古天皇です!
女帝誕生!!

日本初の、女性の天皇です!!

と、ここで、女帝に興奮している場合じゃないんです。

崇峻天皇の殺害事件が起きる

次の天皇どうする?

厩戸さん(あの聖徳太子)と竹田さん、どっちにする?

まさかの展開、どちらでもなく推古天皇誕生←イマココNEW!!

(推古天皇は竹田皇子の母)

これは何を意味するのか…

なぜ即位したかというと、自分の息子の竹田皇子に譲るためのつなぎですね。

(同著より引用)

自分の息子を天皇にしたかったんですね。

もう一度、皇統の図を見てもらうとわかるのですが、
欽明天皇には奥さんが二人いて、二つの系統ができているんです。

capture_009
(クリックで拡大します)

炊屋姫としては自分の母の血筋に皇位を独占させたかったのです。
つまり堅塩媛系という王朝をつくりたいわけです。

(同著より引用)

ほほぅ。

崇峻天皇って、推古天皇とは違う左側の系統ですね。

この事件の黒幕って…

ブログランキングに参加しています☆
↓↓スクロールお疲れ様でした☆



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ