【遷宮】伊勢神宮と出雲大社の違い

去年、伊勢神宮と出雲大社の遷宮が話題になりましたね!

伊勢神宮は、“式年遷宮”で、出雲大社が“平成の大遷宮”と言われていました。

微妙に違う表現…

何が違うのでしょうか?

出雲大社_02
(出雲大社)

「遷宮」の意味を見てみると、

本殿が従前とは異なる境内に新築移転したり、同じ境内で別の位置に新築移転したりする際のほか、本殿の修理や新築の際に一時的に神体を移動する場合にも遷宮という。
たいてい祭礼を伴う。

定期的な遷宮を式年遷宮(しきねんせんぐう)と言う。「式年」とは「定められた年」の意。

(『Wikipedia』より引用)

ということは、出雲大社は定期的ではないのでしょうか?

60年に一度と聞いたことがあるのですが…

出雲大社は概ね60~70年毎に建て替えられてきたが、必ずしも定期的ではないので「式年遷宮」に該当しない。

(『Wikipedia』より引用)

Wikipediaがズバッと答えてくれました。

今日のまとめ

定期的な遷宮を式年遷宮と言う!

ブログランキングに参加しています☆



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ