約45万円!!

勝手に計算してみました。

九州の志賀島で発見された金印の値段です(笑)

そうです。
日本史の教科書に必ず出てくる、あの金印です。

『漢委奴国王』

今日現在の金の取引価格と金印の重さ約104g(そのうち金は94%)で
計算すると、約451,800円。

大きさは、各辺約2.3cmで、そんな小さなハンコが45万かぁ~と
思ってしまうのは私だけでしょうか。。。

簡単に金印についてご紹介☆

紀元57年に古代中国の皇帝が日本の王に与えたものです。

現在は、国宝に指定されていて、福岡市博物館に保管されています。

57年のものが、2014年の今に存在しているなんて、
とても不思議な気持ちになります^^

ブログランキングに参加しています☆
↓↓お願いします!



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ