「アナと雪の女王」に見る女性の強さ(雑記)

こんなに話題になっているのは戦略がうまくいったからで、
きっと内容は大したことないんだろうな、、、と思ってごめんなさい!!

楽しい♪
キレイ☆
おもしろい!

ヒットする理由がわかるような気がしました。

レリゴ~の歌はもちろん、他にもいろいろな歌が
私たちを楽しませてくれます。

いえ、私は映画の評論をしたいわけではなく…

時代なのかな、と思ったことを。

シンデレラも白雪姫もヒロインは受け身で、
王子様がいてこそのお姫様ですよね。

でも「アナ雪」は女の子が自分で何とかしようと
困難に立ち向かっていくのです。

これも時代なのかな~
女子が強くなったもんだ~

と、思った翌日。

でも、ちょっと待って…?

古代にも強い女性がいます、います。

妊娠中に朝鮮半島に出兵した女性が。

しかも夫は亡くなってしまったので未亡人。

(殺人説あり。またの機会に書きます^^)

その人は、神功皇后です。

身重で→海外に→戦いに行くなんて、強い!!

相当の決意がないとできないですよね。

ブログランキングに参加しています☆

今日の内容は、古代史なのかと言われると、アレですが・・・(笑)



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ