【雄略天皇】女の敵?ずっと待ってたのに・・・(涙)

古代の天皇には奥さんが複数いて、子供がたくさんいますが、どんな結婚形態だったのでしょうか?

通い婚や婿入婚が一般的だったそうです。

そして、通い婚には生涯通じて通い続ける場合もあれば、しばらくして婿入りする場合もあったようです。

生涯通い続けるとは、ある意味情熱的のような気もしますが、女心としてはなぜ婿入りしない?(笑)

capture_028

ところで、天皇の言葉を信じてずっと待っていた女性がいました。

▷80年待つオンナ

第21代雄略天皇が美和河(みわかわ)というところに遊びに出かけたときのことです。

美しい少女が川辺で洗濯をしていました。

あまりにも美しかったので、ナンパをしました。声をかけて名前を聞きました。

すると少女は「私の名前は赤猪子(あかいこ)と言います」と答えました。

雄略天皇は、「他の男の元に嫁がないでね。今に必ずあなたを私のところに呼び寄せるから」

そう言って、宮に戻って行きました。

それから、赤猪子(あかいこ)は天皇の言葉を信じてどこへも嫁がずに待っていました。

(それはそうですよね、天皇が待っててねって言ったんだから)

月日は経ち80年。(80年!?)

さすがの赤猪子も考えたそうで。

老化でしわしわ、もう呼び寄せてもらうことはないだろうけど、待ち続けたことを伝えないと心が晴れない。

ということで、天皇に会いにいきました。

(そうだ!そうだ!)

ところが、天皇は赤猪子に言ったことを覚えていないどころか、存在さえもすっっっっっかり忘れていたそうです。

(ひどい・・・><)

「あなたはどこの婆さんなの?どういう理由で来たの?」

赤猪子は準備していた言葉を洗いざらい話したそうです。

すると天皇は驚いて、侘びを言いました。

そして、今できることと言えば贈り物で償うことくらい。

歌をうたい、たくさんの贈り物を授けて赤猪子を下がらせました。

何という結末…

(モノで片付けたな…)

涙無しでは語れません。

capture_028

これは古事記に載っている内容なのですが、(現代語訳よりくだいて古代史Cafe超訳ですが)赤猪子が待ったという80年

実際に80年かどうかは解釈によるところで、“長い期間”を表しているとも言われ、もう少し短い期間しか待っていなかったとも訳せます。

が。

いずれにしても、何年もの間待たせたことは古事記から読みとれます。

(結果忘れてましたけどね)

女性が長い間でも待っちゃうくらい、きっと魅力的な天皇だったのでしょうね。
とまとめてみる。

ブログランキングに参加しています☆
↓↓赤猪子(あかいこ)><



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ