【朔旦冬至】19年に一度の特別な日

12月22日(月)は冬至ですが、今年の冬至はただの冬至ではありません。

朔旦冬至(さくたんとうじ)!!

朔旦冬至って??

19年に一度しか訪れないおめでたい特別な日です。
(正確には19年7ヶ月に一度)

新月が冬至と重なる特別な日☆

※新月とは、これから満月に向かって満ちていく月です。

capture_051

そのおめでたい特別な日の中にさらに特別な瞬間があります!

午前10時36分

月-地球-太陽が一直線に並ぶ瞬間です。

パワーチャージの瞬間です。

太陽に向かい、日頃の感謝の気持ちを表し、これから叶えたいことをお願いしてみるといいかもしれません。

新月=満月に向かって満ちていく月の復活を意味しています。

自然界の生命の復活の節目です。

午前10時36分に太陽に向かうのと(みなさん仕事でしょうか…)、やはり日本人としては、冬至はかぼちゃや小豆粥を食べ、柚子湯に入ることでしょうか。

capture_050

・かぼちゃを食べる、柚子湯に入る→風邪を引かない

・小豆粥を食べる→邪気を払う

これを節目に、何だかイイコトありそう♪と今からワクワクしています。(単純?笑)

19年7ヶ月に一度、しかも天文的にもろもろの事情により、次の朔旦冬至は2052年だそうです。

貴重な日だわ~

恥ずかしながら「朔旦冬至」、初めて知りました。
尊敬する古代史の先輩に教えていただきました^^

その方は古代史に詳しいだけでなく、わかりやすくいろいろなことを教えてくださるので、ありがたい存在です☆

ありがとうございます♪

capture_034

古代史Cafe」なので、古代のお話を。

天武天皇の奥さんである持統天皇(女帝)は、この19年7ヶ月に一度の朔旦冬至に、国家の繁栄を願いお祝いをしたと言われています。

それはそれは、盛大に。

伊勢神宮の式年遷宮が20年に一度行われるようになったきっかけとも言われています。

ブログランキングに参加しています!
ステキな一日を☆
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ