【弟橘媛】知識は初心者でも、気分は上級者♪

過ごしやすい日が続いていますね。

IMG_1721_400

さて、今日は、

古事記に少ししか出てこないけれど、
一度知ったら忘れられない存在になる
女性のお話です。

名前は、弟橘媛(おとたちばなひめ)。

日本武尊(やまとたける)が愛したお妃です。

暴風雨に見舞われ、夫 日本武尊の身が
危ういと感じ、夫の使命のために、
海の神に命を捧げる妻として、
描かれています。

IMG_1725_400

古事記では、次のように記されています。
(古代史Cafe超訳)

東国に遠征中の日本武尊軍団は、
船で海を渡ろうとしていた

海が荒れ狂って、船が進めなくなった

弟橘媛は夫 日本武尊の危機を救うため、
入水した
(波を起こしている海の神を鎮めるため)

荒波は静まり、日本武尊軍団の船は、
進むことができた

入水…

いくら大切な人のためとはいえ、
ここまでのこと、できるでしょうか…

いろいろと考えさせられるエピソードです。

IMG_1783_400

ところで、弟橘媛(おとたちばなひめ)ですが、
マニアックな登場人物、ですよね?

私は、
「何となく名前を聞いたことがある…」
くらいで、よく知りませんでした^^;

でも興味を持ち、どんな女性??と
調べたり、聞いたり…

すると、同じ女性として、
古代史にすごいお方がいたものだな、と
思うのでした。

そして、新しいことを知るたび、
「またマニアック度が上がったかしら??」と
ニヤニヤしたりしています(笑)

kc_039_200

日常では、中々話せない内容ですが、
古代史Cafe会では、

「古代史の話、興味ないかな…?」
なんて、気にせずに話せますので、

マニアック街道を心おきなく
進むことにいたしました^^

kc_047_400

古代史Cafeサイトを立ち上げる前の
古代史の楽しみ方は、

「邪馬台国の会」という古代史の会に
参加する以外は、
ひとり、本を読むくらいでした。

友人に話せばキョトンとされ、
妹に話せば「眠い」と言われてきましたので、
いつしか、あまり話さなくなりました(笑)

でも今では、古代史の交友関係も広がり、
古代史Cafe会では、楽しくおしゃべり。

知らないことを教えてもらうことができ、
世界が急速に広がっています。

“弟橘媛”にまでたどりつき、
知識は初心者でも、
気分は上級者です♪

【関連ブログ】
>>その古代史時間が魅せるのは「自由な発想」でした♡

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ