【古事記】1300年前を紐解く~国土の修理固成~

古事記が完成して約1300年
その今!!日本人としていにしえの歴史書に触れてみたいと思います。

「古事記って楽しい」とオトナ女子の皆さんに思っていただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

【古事記】読む前に知っておきたい10のこと

今日は、上巻の「伊邪那岐命と伊邪那美命 1.国土の修理固成」を見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
 1.国土の修理固成ココ
 2.二神の結婚


▷よむ

読み下し文

【1.国土の修理固成】
ここに天つ神諸(もろもろ)の命(みこと)もちて、伊邪那岐命と伊邪那美命、二柱の神に、「この漂へる國を修め理(つく)り固め成せ。」と詔(の)りて、天の沼矛(ぬぼこ)を賜ひて、言依(ことよ)さしたまひき。

故(かれ)、二柱の神、天の浮橋に立たして、その沼矛(ぬぼこ)を指し下(お)ろして畫(か)きたまへば、鹽(しお)こをろこをろに畫(か)き鳴して引き上げたまふ時、その矛の末(さき)より垂(しただ)り落つる鹽(しお)、累(かさ)なり積もりて島と成りき。

これ淤能碁呂島(おのごろじま)なり。

日本の国土ができる最初のところです。

日本人、必見!!

▷みる~どう訳す?~

●言依さす(ことよさす)—命令する

●鹽(しお)—海水

●こをろこをろ—海人族の呪文

●淤能碁呂島(おのごろじま)—自分から(自然に)凝り固まってできた島

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●沼矛(ぬぼこ)—沼矛の「」は「」を表しています。
こんな感じ??↓↓
capture_047

●天の浮橋—天界と下界をつなぐ橋(神様が下界に降りる時に使う)
関連ブログ
そして、あの風景ができた

▷もう一度よむ

読み下し文

【1.国土の修理固成】
ここに天つ神諸(もろもろ)の命(みこと)もちて、伊邪那岐命と伊邪那美命、二柱の神に、「この漂へる國を修め理(つく)り固め成せ。」と詔(の)りて、天の沼矛を賜ひて、言依(ことよ)さしたまひき。

故(かれ)、二柱の神、天の浮橋に立たして、その沼矛を指し下(お)ろして畫(か)きたまへば、鹽(しお)こをろこをろに畫(か)き鳴して引き上げたまふ時、その矛の末(さき)より垂(しただ)り落つる鹽(しお)、累(かさ)なり積もりて島と成りき。

これ淤能碁呂島(おのごろじま)なり。

▷現代語訳

そこで天の神様たちは、伊邪那岐命と伊邪那美命の二人の神様に「この漂っている国をしっかり固めなさい。」と言って、天の沼矛を授けて命令しました。

それで、二人の神様は、天の浮橋に立って、その沼矛をさし下ろしてかき回し、海水を「こをろこをろ」とかき鳴らして引き上げた時、その矛の先から滴り落ちる海水が、重なり積もって島となりました。

これが淤能碁呂島(おのごろじま)です。

「別天つ神五柱」や「神世七代」では神様の名前のオンパレードでしたが、
比べると「1.国土の修理固成」は少し読みやすくなったでしょうか^^

古事記ブログ
~別天つ神五柱(1)~
~別天つ神五柱(2)~
~神世七代(1)~
~神世七代(2)~
~神世七代(3)~

ブログランキングに参加しています☆
クリックありがとうございます♪



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ