【古事記】1300年前を紐解く~神世七代(1)~

古事記が完成して約1300年
その今!!日本人としていにしえの歴史書に触れてみたいと思います。

「古事記にチャレンジしたけど、一人では読み進められなかった…」オトナ女子の皆さんにも楽しんで学んでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

【古事記】読む前に知っておきたい10のこと

今日は、上巻の「神世七代」を見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代ココ
伊邪那岐命と伊邪那美命


▷よむ

読み下し文

【神世七代(かみよななよ)】
次に成れる神の名は、國之常立神(くにの とこたちの神)。次に豐雲野神(とよくものの神)。
この二柱の神もまた、獨神(ひとりがみ)と成りまして、身を隱したまひき。

別天つ神五柱」に引き続き、普段聞きなれない神様の登場です。

▷みる~どう訳す?~

●國之常立神(くにの とこたちの神)—国土の根元になる神。

●豐雲野神(とよくものの神)—国土の根元になる神。

●獨神(ひとりがみ)と成りまして—独りで生まれて

●身を隱(かく)したまひき—身を隠した

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●國之常立神(くにの とこたちの神)—土がにあり続けることを意味していて、日本が永久にあることを表しています。
つまり、この神様がいるから、私たちが住んでいる日本はこれからもずっとあるのだよ、ということです。

●豐雲野神(とよくものの神)—かなが覆っている原野を意味しています。雲はめぐみの雨をもたらし、国土を豊かにするので、豐雲さんは国土の根元の神様なんです。

●獨神(ひとりがみ)—単独で生まれてきた神様を意味しています。男女対偶の神様に対して単独であることを表しています。

この後に登場する神様は皆、男女対偶で、例えばイザナキ・イザナミが有名ですね。

▷もう一度よむ

読み下し文

【神世七代(かみよななよ)】
次に成れる神の名は、國之常立神(くにの とこたちの神)。次に豐雲野神(とよくものの神)。
この二柱の神もまた、獨神(ひとりがみ)と成りまして、身を隱したまひき。

▷現代語訳

次に出来上がった神の名前は、國之常立神(くにの とこたちの神)だった。次に豐雲野神(とよくものの神)だった。
この二人の神様もまた、独りで生まれて身を隠した。

古事記の紐解きシリーズ、今日の投稿で3回目です。
1回目2回目もぜひ~)

ブログランキングに参加しています☆
↓↓ゆっくり古事記



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ