【古事記】1300年前を紐解く~別天つ神五柱(1)~

古事記が完成して約1300年
その今!!日本人としていにしえの歴史書に触れてみたいと思います。

「古事記、初めまして」のオトナ女子の皆さんにも楽しんで学んでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

【古事記】読む前に知っておきたい10のこと

今日は、上巻の本文スタートのところを見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

▷よむ
読み下し文

【別天つ神五柱(ことあまつ神 五はしら)】

天地(あめつち)初めて發(ひら)けし時、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神。次に高御產巢日神。次に神產巢日神。この三柱の神は、みな獨神(ひとりがみ)と成りまして、身を隱したまひき。

最初の関門。神様の名前が長い…

でも少しずつ一人ずつ何回も見ていくと、あら不思議☆次第に親近感。

▷みる~言葉の意味~

●高天の原(たかあまの原)—神様の住む天上界。天界。

●天之御中主神(あめの みなかぬしの神)—高天の原に最初に出現した神。高天の原の中心の神。

●高御產巢日神(たかみ むすひの神)—生成力の神格化。

●神產巢日神(かみ むすひの神)—生成力の神格化。

●獨神(ひとりがみ)と成りまして—独りで生まれて

●身を隱(かく)したまひき—身を隠した

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●天之御中主神(あめの みなかぬしの神)—高天の原に最初に出現した、高天の原の中心の神様でありながら、その後、再び登場することがありません。

人数合わせ的な存在と考えられます。

天之御中主神(あめの みなかぬし)の後に登場する(1)高御産巣日神(たかみむすひ)と(2)神産巣日神(かみむすひ)と足して「三神」とするために後から付け加えられた模様。

古事記は中国の儒教思想が随所に見られ、「三神」の「三」は中国的に区切りがよく、「三神」にするために付け加えられた神様。

●產巢(むす)—高御產巢日神、神產巢日神に当てられている字「產巢」は、♪こけの~む~す~まぁぁぁで~♪のむすです。

苔は種をまかなくても生えてくる、ということから「生成力」を表しています。

なので、高御產巢日神(たかむすひ)と神產巢日神(かみむすひ)は、生成力の神として登場します。

▷もう一度よむ

読み下し文

【別天つ神五柱(ことあまつ神 五はしら)】
天地初めて發けし時、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神。次に高御產巢日神。次に神產巢日神。この三柱の神は、みな獨神と成りまして、身を隱したまひき。

▷現代語訳

この世界が初めて姿をみせた時、天上界で出来上がった神の名前は、天之御中主神(あめの みなかぬしの神)だった。次に、高御産巣日神(たかみ むすひの神)。次に神産巣日神(かみ むすひの神)だった。

この三人の神は、みんな、独りで生まれて、身を隠した。

capture_039

さてさて古事記の紐解きが始まりました。

こんな感じでゆっくり進めていきます☆

力づくで読もうとすると数々の困難にぶつかり、諦めざるを得ないことになりますが、文字の意味を知り、その背景にある事柄も一緒に考えていくと、神話がぐっっっと鮮やかになってくるような気がします^^

ブログランキングに参加しています☆
↓↓ランキングはいかに



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ