【古事記】1300年前を紐解く~大八島国の生成(2)~

古事記が完成して約1300年
その今!!日本人としていにしえの歴史書に触れてみたいと思います。

大八島国の生成(1)もぜひ^^

「古事記って聞いたことがあるけど、よくわからない」オトナ女子の皆さんにも楽しんで学んでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
 1.国土の修理固成
 2.二神の結婚
 3.大八島国の生成ココ
 4.神々の生成


▷よむ

【3.大八島国の生成(つづき)】
ここに伊邪那岐命、先に「あなにやし、えをとめを。」と言ひ、後に妹伊邪那美、「あなにやし、えをとこを。」と言ひき。

かく言ひ竟へて(をへて)御合(みあひ)して、生める子は、淡道の穗の狹別島(さわけのしま)。

次に伊豫(いよ)の二名島(ふたなのしま)を生みき。この島は、身一つにして面四つあり。面毎(おもごと)に名あり。

故(かれ)、伊豫國(いよのくに)は愛比賣(えひめ)と謂ひ、讚岐國(さぬきのくに)は飯依比古(いひよりひこ)と謂ひ、粟國(あはのくに)は大宜都比賣(おほげつひめ)と謂ひ、土左國(とさのくに)は建依別(たけよりわけ)と謂ふ。

▷みる~どう訳す?~

●伊豫(いよ)の二名島(ふたなのしま)—四国

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●淡道の穗の狹別島(さわけのしま)—「淡路島」のことで、最初に生まれる島です。

大八島国の生成(1)で書いたとおり、天つ神のアドバイスにより、伊邪那岐命が先に「あなにやし~~」と言い、妹伊邪那美が、「あなにやし~~」と言います。

すると、日本誕生☆☆

最初に淡路島ができました。

▷もう一度よむ

【3.大八島国の生成(つづき)】
ここに伊邪那岐命、先に「あなにやし、えをとめを。」と言ひ、後に妹伊邪那美、「あなにやし、えをとこを。」と言ひき。

かく言ひ竟へて(をへて)御合(みあひ)して、生める子は、淡道の穗の狹別島(さわけのしま)。

次に伊豫(いよ)の二名島(ふたなのしま)を生みき。この島は、身一つにして面四つあり。面毎(おもごと)に名あり。

故(かれ)、伊豫國(いよのくに)は愛比賣(えひめ)と謂ひ、讚岐國(さぬきのくに)は飯依比古(いひよりひこ)と謂ひ、粟國(あはのくに)は大宜都比賣(おほげつひめ)と謂ひ、土左國(とさのくに)は建依別(たけよりわけ)と謂ふ。

▷現代語訳

今度は伊邪那岐命が先に、「あぁなんて美しいんだ、この乙女は。」と言い、後に伊邪那美命が、「あぁなんてイイ男なんでしょう。」と言いました。

そういう風に言い終えて結婚(性交)して、生んだ子は、淡路島です。

次に四国を生みました。この島は、身一つで顔が四つあります。顔ごとに名前があります。

伊予の国は愛比売(えひめ)と言い、讃岐の国は飯依比古(いひよりひこ)と言い、阿波の国は大宜都比売(おほげつひめ)と言い、土佐の国は建依別(たけよりわけ)と言います。

つ、ついに、淡路島、四国、キタ~~!!

古事記ブログを振り返ると、
たくさん神様が登場して、伊邪那岐命と伊邪那美命がこの国をおさめることになって、結婚して、ヒルコが生まれて流して、淡路島が生まれるまでいろいろありましたね。

しみじみ…

できるだけ丁寧に☆を心がけているので、ゆっくりペースです。

自分でゆっくりやっているのですが、「やっと生まれた」感。

2014年中に生まれてよかったです。

(笑)

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
うれしいです^^
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ