【古事記】1300年前を紐解く~二神の結婚(3)~

1300年前の伊邪那岐と伊邪那美の結婚を紐解き中です☆

今日は「二神の結婚(3)」ということで、二神の結婚(1)二神の結婚(2)のつづきです。

「(他の神様は正直どうでもいいけど)イザナキとイザナミのことは知りたい」というオトナ女子の皆さんにも楽しんでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

いつもの復習です。

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

今日は、上巻の「伊邪那岐命と伊邪那美命 2.二神の結婚」を見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
 1.国土の修理固成
 2.二神の結婚ココ
 3.大八島国の生成


▷よむ

【2.二神の結婚】つづき
然れどもくみどに興して(おこして)生める子は、水蛭子(ひるこ)。この子は葦船に入れて流し去てき(うてき)。次に淡島(あはしま)を生みき。こも亦、子の例(たぐひ)には入れざりき。

▷みる~どう訳す?~

●くみどに興して(おこして)—結婚して(寝所で性交を始めて)

●子の例(たぐひ)—子の仲間

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●水蛭子(ひるこ)—血を吸うヒルに由来するもので、大きくてグニャグニャしていると推測されます。
なぜ、グニャグニャしている子、水蛭子が生まれたのでしょうか?

それは、二神の結婚(2)で紹介したように、先に女性(伊邪那美命)が声をかけ、次に男性(伊邪那美命)が声をかけたからです。

つまり夫唱婦随(ふしょうふずい)に反したからです。

※夫唱婦随とは、男が先、女はそれに従うという儒教思想です。

ここにも、天武時代の儒教思想が反映されています。

「夫唱婦随」で具体的に何が言いたいかというと…

この世の秩序は男性中心に動く

このことを、古事記の国生みで確認しているのです。

●葦船—葦を編んで作った船

●淡島—所在不明です。字の通り、淡い=弱い島だったのでは?と考えられます。

▷現代語訳

しかし結婚をして生んだ子は、水蛭子でした。

この子は葦船に入れ流し捨ててしまいました。

次に淡島を生みました。

この子もまた、子の仲間には入れませんでした。

1300年前にはすでに、「オトコはえらいんだぞ」「オトコに従ってね」という考え方があったのですね。。。

う~~む。

(笑)

▷最後に

「それで結局、この記事から何を読み取ればいいんだっけ?」

ブログや記事を読んでいて「一つ一つの説明はわかったけど、要点は何??」と思うことがあります。

この古事記ブログが「何が言いたいのかわからないから、つまらない」とならないように、「二神の結婚」のまとめブログを後日書きます☆
まとめブログ書きました。

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます!!!
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ