【古事記】1300年前を紐解く~二神の結婚(1)~

古事記が完成して約1300年
その今!!日本人としていにしえの歴史書に触れてみたいと思います。

「(他の神様は正直どうでもいいけど)イザナキとイザナミのことは知りたい」というオトナ女子の皆さんにも楽しんでいただけるように、少しずつ丁寧に1300年前を紐解いていきます☆

(岩波文庫『古事記』倉野憲司校注を引用、参考に進めていきます)

capture_039

古事記は上中下の3巻からできています。

古事記
capture_040
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

今日は、上巻の「伊邪那岐命と伊邪那美命 2.二神の結婚」を見ていきます。

古事記
capture_041
上巻—神様の世界
中巻—天皇の話(神様とコンタクトをとっていく天皇)
下巻—天皇の話(中国の儒教の影響が強い天皇)

≪上巻≫

別天つ神五柱
神世七代
伊邪那岐命と伊邪那美命
 1.国土の修理固成
 2.二神の結婚ココ
 3.大八島国の生成


▷よむ

【2.二神の結婚】
その島に天降りまして、天の御柱を見立て、八尋殿(やひろどの)を見立てたまひき。

ここにその妹伊邪那美命に問ひたまはく、「汝(な)が身は如何(いかに)か成れる。」ととひたまへば、「吾(あ)が身は、成り成りて成り合はざる處(ところ)一處(ひとところ)あり。」と答へたまひき。

ここに伊邪那岐命詔(の)りたまはく、「我が身は、成り成りて成り餘(あま)れる處一處あり。故(かれ)、この吾が身の成り餘(あま)れる處をもちて、汝が身の成り合はざる處にさし塞(ふた)ぎて、國土(くに)を生み成さむと以爲ふ(おもふ)。生むこと奈何(いかに)。」

とのりたまへば、伊邪那美命、「然善けむ(しかよけむ)。」と答へたまひき。

この部分を詳しくは知らなくても、名前は聞いたことがある伊邪那岐と伊邪那美。

その二人の神様がついに結ばれる場面のはじまり、はじまり~。

▷みる~どう訳す?~

●汝が身—お前の体

●成り成りて—どんどんできて

●成り合はざる處(ところ)—合わないところ

●成り餘(あま)れる處(ところ)—余っているところ

●然善けむ(しかよけむ)—それがいいでしょう

capture_039

▷さぐる~その背景にあるモノ~

●天の御柱を見立てる—実際にはないけれど、柱があるように見立てています。この柱は結婚の儀礼と関係があるようです。

●八尋殿(やひろどの)—新婚のための広い大きな家です。新婚の二人には家が必要ですもんね。古事記では”見立てる”だけですが…

●成り合はざる處(ところ)—女陰のことです。

●成り餘(あま)れる處(ところ)—男根のことです。

“合わないところ”と“余っているところ”の表現がロマンチックですね。

▷もう一度よむ

【2.二神の結婚】
その島に天降りまして、天の御柱を見立て、八尋殿(やひろどの)を見立てたまひき。

ここにその妹伊邪那美命に問ひたまはく、「汝(な)が身は如何(いかに)か成れる。」ととひたまへば、「吾(あ)が身は、成り成りて成り合はざる處(ところ)一處(ひとところ)あり。」と答へたまひき。

ここに伊邪那岐命詔(の)りたまはく、「我が身は、成り成りて成り餘(あま)れる處一處あり。故(かれ)、この吾が身の成り餘(あま)れる處をもちて、汝が身の成り合はざる處にさし塞(ふた)ぎて、國土(くに)を生み成さむと以爲ふ(おもふ)。生むこと奈何(いかに)。」

とのりたまへば、伊邪那美命、「然善けむ(しかよけむ)。」と答へたまひき。

▷現代語訳

【 2.二神の結婚】
その島に天降り、立派な柱があるように見立てて、八尋殿を見立てました。

そして(兄の伊邪那岐命が)妹の伊邪那美命に聞いたことは、「お前の体はどのようになっているか?」と聞くと、「私の体は、どんどん出来て合わないところがあります。」と答えました。

伊邪那岐命は言って「私の体はどんどん出来て余っているところがある。なので、この私の体の余っているところをお前の体の合わないところにさしふさいで、国を生み出そうと思う。生むことをどう思うか?」

と聞くと、伊邪那美命は「それがいいでしょう。」と答えました。

結婚おめでとうございます!

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ