NHK 「体感!古事記~日本はじまりの物語~」つづき

先日のブログのつづきです。

NHKで2014/12/7(日)に放送されていた古事記の番組を簡単にまとめました。

「体感!古事記~日本はじまりの物語~」
(NHK 2014/12/7 2:20~3:05 放送済み)

今、奈良県立美術館で解散されている「大古事記展」を紹介しながらの放送でした。

(「大古事記展」は2014/12/14日までです)

capture_038

番組内では神話を5つ紹介していました。
Ⅰ国生み神話
Ⅱ天岩屋神話
Ⅲスサノヲと八岐大蛇
Ⅳオオクニヌシと国譲り神話
Ⅴ征服する英雄 カムヤマトイワレビコ

先日のブログでは、
Ⅰ国生み神話
Ⅱ天岩屋神話
について書きました。

今日は、
Ⅲスサノヲと八岐大蛇~
書こうと思います^^

高天の原を追放されたスサノヲがおりたのは出雲の国でした。

Ⅲスサノヲと八岐大蛇

スサノヲと八岐大蛇(ヤマタノオロチ)と言えば、八岐大蛇を退治して出雲のクシナダヒメと結ばれる話です。

出雲神話はフィクションだと考えられてきました。

(私もそう思ってました)

が、しかし
1984年 荒神谷遺跡—銅剣、銅鐸、銅矛
1996年 加茂岩倉遺跡—銅鐸
2000年 出雲大社—宇豆柱
の発見により、青銅器文化があったこともわかり、巨大神殿も完全フィクションと言えなくなりました。

Ⅳオオクニヌシと国譲り神話

古事記には、スサノヲから数えて7代目の”オオクニヌシ”の国譲りの神話があります。

舞台は出雲。

古事記の40%を出雲神話が占めていて、古事記は出雲の神々の滅びの物語だと説明されていました。

Ⅴ征服する英雄 カムヤマトイワレビコ

ニニギノミコトから4代目がカムヤマトイワレビコ(神武天皇)です。

番組内では、「七支刀」(しちしとう)が紹介されていました。

4世紀、百済王から大和王に送られた鉄剣です。

大和王権の武器庫「石上神宮」(いそのかみじんぐう)に伝来したものです。(奈良県天理市)

さて神武天皇は、日向高千穂~河内~ヤマトと東征に6年もの歳月を費やしました。(神武東征)

神武天皇は、なぜ最初からヤマトにおりなかったのでしょうか?

それは、苦難の旅の方が素晴らしい王が誕生すると考えたからです。

capture_038

最後にヤマトタケルが詠んだ歌が紹介されました。

亡くなる前に、ふるさとを偲んで…

倭は 国のまほろば
たたなづく 青垣
山隠れる 倭しうるはし

capture_038

NHK 「体感!古事記~日本はじまりの物語~」のまとめブログは以上です☆

合わせてこちらもぜひ☆(前編です)
NHK 「体感!古事記~日本はじまりの物語~」

ブログランキングに参加しています☆
↓↓ありがとうございます♪



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ