正月飾り☆門松

※このブログは2014年12月28日に書いています。

門松をサイトのトップページに飾ってみました。

そして、門松について考えてみようと思います。

いよいよ年末、からの、間もなくお正月。

会社の前などに正月飾りが飾られ、新たな年がすぐそこだなぁと感じられます。

さて、その正月飾りですが、それにはどんな意味があるのでしょうか??

▷正月飾りって…?

歳神様を迎えるための準備として飾るものです。

テレビのCMでも「歳神様を~~」って聞きますが、一年に一回その年の神様がいるのかなと思ったら、

「歳神様」は、先祖たちの霊のことでした。

▷正月飾りには何があるの?

門松、しめ縄、鏡餅があります。

その正月飾りの中でも、最も重要と言われている門松について、今日はみていきたいと思います。

capture_052

▷正月飾り☆門松

門松は歳神様の依り代(よりしろ)と言われています。

※依り代とは、神様が依りつく物のことです。

つまり、門松は歳神様が迷わずにおりて来るための目印なんです。

capture_033

門松は12/28に飾るのが一般的です。

そして1/7まで飾るとされていますが、門松を片付ける時期は地域性があり、1/15まで飾っているところもあるようです。

門松はただの飾りではなく、意味があったのですね^^

ブログランキングに参加しています!
門松☆
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ
にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ