思わず瞳もキラキラ☆学んで、語って、ワクワクしましょう♪

昨日は、東京湾を眺めてきました。

風もなく、海も穏やかで、
時間が止まったような気分になりました^^

IMG_1874_400

さて、来週はいよいよ、
古代史Cafe会@池袋
べんきょう&おしゃべり会です♪

古典に詳しい女性講師をお招きし、
資料と感情豊かな話とともに学び、

それについて、おしゃべりを楽しむ企画です。

「基本の知識は大事」にして、
「どう解釈するか」は、自由に☆

これ、古代史の醍醐味だと思うのですよね^^

kc_058_400

そして、古代史Cafe会は
「私はこう思うなぁ~」と言える
女性限定の場です。

素直に吸収し、息を吐くように
思ったことをフーっと言える環境って
素敵だと思いませんか??

ふだんは、ひとりで楽しむことの多い古代史。

同じテーマを共有し、どう感じたのか
聞かせていただきたいな^^と思います。

kc_057_400
古代史の扉を開ける鍵♡

私、以前、30人くらいの古典の勉強会に
参加したことがあります。

新しいことをたくさん知ることができ、
とても勉強になりました。

でも、その喜びをその場で分かち合う時間は、
ありませんでした。

勉強会を目的としているので、
そういうものなのでしょうけれど…^^;

でも、「話したーい!」ですし、
「聞きたーい!」と思ってしまうのでは、
私だけでしょうか??

kc_039_200

そのような経験もあり、
今回の企画の中で、
一方的ではないスタイルのべんきょう会の
発想にたどりつきました。

「でも自分から発言するのって抵抗ある…」

もちろん、こちらからお声をかけます。

「突然、質問されても困る…」

端の方から順番、などと形式ばったことはいたしません。

学校ではありませんので、
話したい方だけで大丈夫です^^

みなさん、きっかけも、
今、興味を持っている内容もそれぞれ。

だからこそ聞きたいのです♪

オリジナルの感性を^^

kc_056_400

それから、古代史Cafe会の時間に、
毎回思うことなのですが、

好きなことを心おきなく話している女性って、
本当に瞳がキラキラしています☆

聞いているこちらも、うれしくなるほどに。

そんなキラキラ時間を
全力でお届けするべんきょう&おしゃべり会。

お申し込み受付中です。

学んで、語って、ワクワクしましょう♪

ただ今、講師の女性と私含めて、
6名の古代史に興味のあるオトナ女子の
みなさんが集まってくださっています^^

11/5(木)13:30~@池袋

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  べんきょう会 内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「弟橘媛を語りませんか~崇高なる愛を捧げて~」

Part.1 『古事記』で一番美しいといわれる”愛”の話
①『現代語古事記』竹田恒泰氏の絶賛の逸話
② 日本武尊(やまとたける)の困難な東征のはじまり

Part.2 皇后さまのニューデリーIBBY(国際児童図書評議会)基調講演
①「橋をかける―子供時代の読書の思い出」
② 弟橘媛(おとたちばなひめ)にみる愛と犠牲について

Part.3 古典の中の弟橘媛
①『古事記』と『日本書紀』の入水記事
② 風の神を祭る―自然神に謙虚になった日本武尊と景行天皇
③ 日本武尊の「あづまはや」碓日峠での嘆き
④『万葉集』と『風土記』での補足

Part.4 弟橘媛の故郷の伊勢方面の史跡をたずねて
① 出生地「忍山(おしやま)神社」と伊勢神宮
② 伊吹山から日本武尊渾身の行軍と終焉の地
③ 弟橘媛のふるさとに眠る日本武尊
④ 四国でも弟橘媛を祭る一族

Part.5 古代女性の巫女的霊力といちずな愛~まとめ~

ランチ&おしゃべり会感想

二度目の参加でしたが、全員初対面。

少し緊張しましたが、
皆さん話が合うのですぐに打ち解けて、
いろいろな話が出来ました。

本を読んでいるだけでは決して気付かない、
自分にはない知識や感性をたくさん教えていただき、
とても有意義で充実した時間を過ごすことが出来ました。

11月古代史Cafe
べんきょう&おしゃべり会
>>ご案内&お申し込み

今回は予定が合わず
参加できないけれど、

いつか古代史Cafe会に参加したいと
思ってくださっている女性へ☆

ご希望の曜日などありましたら、
メールをいただければと思います^^

また、古代史Cafeのブログの
感想もお気軽にメールをくださいませ♪
(Facebookにコメントも大歓迎です)

>>古代史Cafe Facebook

ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ