【仲哀天皇】妻に死ねと言われた天皇

オトナ女子のみなさん、推理の時間です。

人が一人亡くなりました。

おそらく他殺です。

犯人は誰でしょうか?

capture_034

時間を少し巻き戻して、コトの一部始終を見てもらいますね。

今、あなたは、筑紫の香椎の宮(福岡市)にいます。

ちょっとした場にいると思ってください。

目の前には、仲哀天皇(夫)、神功皇后(妻)、建内宿禰(天皇に仕える人)の三人がいます。

これから、神がかりの儀式を行うところで、部屋は真っ暗にしました。

※神がかりとは、神が人に乗り移ることです。

今日は、神が神功皇后に乗り移ります。

このとき、仲哀天皇は九州の南にある国を討ちたいと思っていました。

そこで、神の言葉を乞い求めました。

神が神功皇后に乗り移って言った言葉は、
「海を渡った西のところに魅力的な国がある。九州南部の国じゃなくて、海外の国に行きなさい。」
でした。

それに対して、天皇は答えます。

「高いところに登ってみましたが、陸地なんて見えないですよ?海が広がっているだけです」

天皇は、「嘘つきな神だ」と思って、手元にあった琴を押し退けて黙っていました。

すると、神(神功皇后)はかなり怒って恐ろしいことを言います。

「すべてのこの国はお前の治めるべき国ではない。死ね。」

慌てる建内宿禰(天皇に仕える人)。

天皇に「琴を弾いてください。」とお願いします。

天皇はしぶしぶ、いい加減に琴を弾きました。

間もなくすると、琴の音が聞こえなくなりました。

真っ暗な部屋に火をともしてみると、天皇は亡くなっていました。

コトの一部始終は以上です。

登場人物は三人です。

仲哀天皇(夫)—死亡
神功皇后(妻)
建内宿禰(天皇に仕える人)

犯人は誰だと考えるのが妥当なんでしょうか?

capture_034

古事記には「亡くなった」と書かれていて、「殺された」とは書いていませんが、流れで考えると殺されたと解釈できるのではないかと思います。

単独犯なのか?複数犯なのか?

「実に興味深い」

みなさんはどう推理しますか?

興味深い事件なので、引き続き調査をしていきたいと思います。

ブログランキングに参加しています☆
↓↓犯人は誰?



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ