縄文人と蝦夷とアイヌ人

アイヌ人はあるシンポジウムをきっかけに
興味を持ちました。

昔はアイヌ人が日本列島全体に住んでいた、
なんて聞くと、

縄文時代も好きなわたしは、
やっぱり気になるところです。

講演会やシンポジウムで聞いたり、
古代史好きな人と話したりしていても

「いろいろな説があるなぁ」と
思いますが、

好きなようにあれこれ想像できるのは、
素人には都合がよく(笑)
楽しさにもつながります。

質問をしてみました

「邪馬台国の会」主宰の安本先生に
質問をしてみました。

※「邪馬台国の会」は30年以上続く、古代史の会です


「縄文人と蝦夷とアイヌ人の違いって何ですか?」

————————-
縄文人は、縄文時代に日本列島に住んでいた人

蝦夷は、朝廷に従わない人たち

アイヌは、蝦夷の一部の人たち
————————-

そして、次の疑問。

「アイヌ人の定義って何ですか?」

————————-
アイヌ語を話す人
————————-

端的に答えていただきました。

いろいろな説がある中で、
その輪郭が描けなかったわたしは、
スパーンと違いがわかりました。

ここから、自分なりに調べていき、
一つずつ考えていこうと思います^^

エビスは蝦夷エミシ

出雲大社で有名な大国主命ですが、
大国主命は恵比寿様とも言われています。

そのエビスはエミシが語源で、
出雲勢力は朝廷に従わず、
当時、蝦夷と言われていた
と教えていただきました。

蝦夷というと、東北のイメージがありましたが、
出雲にも畿内にも朝廷に従わない人たちがいて、
蝦夷と言われていたと聞いて、

そうだったのか~!と。

朝廷に従わない人たちは、ほかにも、
熊襲や土蜘蛛がいますね。

顔を見ているだけではわからない

縄文人顔、弥生人顔、というと、
何となく顔が頭に浮かぶと思います。

でも、
「顔、形を見ているだけではわからない」
と言うのは、尾本恵市先生(東大名誉教授)。

DNAを見ると・・・

アイヌ・琉球・本州・九州
多い—————少ない
※Y染色体DNAの多型

アイヌと琉球人が近いという結果です。


遺伝子データに基づく民族集団の系統樹
(『ヒトと文明—狩猟採集民から現代を見る』尾本恵市氏)

こちらの本に載っています。

アイヌと琉球人が近い、というのは、
見た目だけでは想像がつかず、

遺伝子データから見る系統は
新しい発見した気分になります。

実際、わたしは何も発見していませんが・・・(笑)

現在進行形の研究もあるようですので、
その結果を楽しみに待ちたいと思います。

きっかけになった本

アイヌに興味を持つきっかけになった
シンポジウムは、この本の著者の講演でした。

古代史はどれをテーマにとっても
奥が深いので、すぐにこれだ!と
結論を出すことはできません・・・

アイヌ2年目の冬。

アイヌの歴史もじっくりと
学んでいきたいと思うのでした。
 
 
 
ブログランキングに参加しています!
クリックありがとうございます♪
にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへ

にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ